lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

シンシナティ2015 ワウリンカvsコリッチ、マレーvsディミトロフ (テニス)

ワウリンカ選手とマレー選手がいずれも3セットに突入する長い試合を制するわけですけど、両選手ともたぶん全力の6割位の感じで試合を進めている感じがしました。

コリッチ選手も、ディミトロフ選手も決して弱い選手ではないですが、ワウリンカ選手もマレー選手も1セット目を取られて先行されても、全く慌てることなく、1試合通して、ペースを見出さずに逆転勝ちした印象です。

ワウリンカ選手は1,2セットはファーストサーブが入らず、ストロークもフォアはかなり繋げる感じ、バックもスライスを多用し、スピンも決めるようより高く繋げるようなボールが多かったです。2セット目を取って、3セット目になると目に見えてサーブの威力と精度があがり、ショットの威力も増すとコリッチ選手もなすすべなく退けられた感じでした。もっと最初からガンガン行けばもっと楽に勝てたのかもしれませんが、自分の調子を見つつ、試合が長くなってもあまりフルパワーでは打ち合わないような試合のプランだったのかと思います。

マレー選手もジョコビッチ選手あたりと試合をする際とはかなり違いました。元々ゆるい繋げるボールも織り交ぜるマレー選手ですが、ボールスピードというより、展開でディミトロフ選手のミスを誘うような作戦に見受けました。ディミトロフ選手はやっぱり精神面が課題ですね。一発のボールの威力はあるし、ネット際で飛びつく反応は素晴らしいと思いますが、毎回のショット選択に意図を感じる部分が弱いというか、動物的勘でプレイしているような印象です。基本攻撃的なショットを選択しますからエースも多い反面エラーも多くなります。先行している場面の自分のサービスゲームでプレッシャーからか乱れてしまう所は相変わらずな感じです。マレー選手も終盤はかなり疲れている感じではありましたが、ディミトロフ選手は勝てる試合だったのに、マレー選手にいいように手の中で踊らされて(実験的な試合というか)、ぎりぎり逆転されて敗退してしまいました。

結果以外で、試合を見ていて気になった点は、マレー選手がガスケ選手がするようにポイントを取ったボールをボールパーソンに指示してもらっていた点。以前はなかった動きですが何か意味があるのでしょうか?

後、マレー選手は以前からよく使いますが、フォア側に走らされた際にストレートにループ状の深いボールを繋ぐプレイ。これは攻められた際に時間を作るプレイとしてはかなり有効なようです。ワウリンカ選手も使ってましたし、(時間を作らない)フェデラー選手ですら最近使っているのを見ます。

このボールにかぎらず、マレー選手はディミトロフ選手のバック側にゆるい弾むボールをよく打っていた印象です。ディミトロフ選手は片手バックなので深いポジションから片手で打たせる意味があったと思いますが、あまり深さが徹底されていなかったのでそこまで嫌がっている感じはありませんでした。

後、錦織選手も使いますが、マレー選手も最近は、フォアやバックで角度をつけて更に外側にキレているボールを試してる気がします。マレー選手の場合は錦織選手のようにがっつり打ってキレるボールというより、短いループ状だったりとややコンパクトに合わえて打っている感じです。(回転をかけてループ状に短くキレていくボールは錦織選手も使います。) 多分、タッチがマレー選手の打ち方に合うからそうしているのかなと思いました。