lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

全仏オープン2015 女子ダブルス決勝 マテックサンズ/サファロバ vs シュウェドワ/ドラクワ

ダブルス決勝だけど、4人ともダブルスプレイヤーって感じはあまりしなかったように思いました。

 

 

マテックサンズ/サファロバ組は全豪2015で優勝してるけど、サファロバが必要に狙われて結構あぶない感じもあった。一方のシュウェドワ/デラクワ組も個々にはダブルスでグランドスラムタイトルを取ってるけど、ペアになって3大会目とかいうことだった。

試合を見てて思ったことは、マテックサンズ/サファロバ組はやっぱりモチベーション高く引っ張ってるのはマテックサンズ(前日のミックスダブルスでも優勝してるから)で、サファロバは全豪の時と同じく少しほんわかしてる感じ。

サファロバはサーブは効果的に打てるし、ストロークも自信持ってる(シングルスで準優勝ということもあって)感じだけど、とにかく前衛になった時のボレーがあぶなっかしい。ポジションもそうだけど、ポーチも出れないし、体の近くに来たボール、自分に向けて打ち込まれたボールをなんとか返すって感じ。ボールに入る体勢が悪いからボレーのミスも多い。

一方のマテックサンズは4人の中では一番バランスが取れてる感じ。ストロークもしっかり安定して打てるし、サーブもそれなりにしっかり入る、前衛になった時の動きがいいし、声をだしてサファロバに指示を出すから、サファロバもカバーに入ったりができている。

シュウェドワ/ドラクワ組の方は、2人ともストロークがしっかりしてるから、雁行陣とかの打ち合いになるとマテックサンズ/サファロバ組にも負けないんだけど、コンビネーションがよくないっていうか、マテックサンズ/サファロバ組のように声を出すシーンが少なく、サービス前のサインだけでやってるからポジションが入れ替わってのフォローとか、その辺が上手くなかった感じがした。

どちらかと言えば、ドラクワの方が、ストロークもしっかり打ててる上に前衛になった時もボールに触れてたけど、シュウェドワの動きが4人の中では一番気になった。

シュウェドワは、サーブもストロークも強力なんだけど、前衛になった時の動きがかなり残念だった。フェイントかけたり細かく動いているように見えるんだけど、とにかくポーチにいかないし、ポジションが悪いからストレートを抜かれるケースがホント多かった。

マテックサンズ/サファロバ組が前衛を狙うボールを多用していたこともあり、シュウェドワのボレーの処理の悪さがドラクワの足をかなりひっぱった感じがした。シュウェドワは身長も高いし、どちらかと言えばネット前で壁になる感じなんだろうけど、守備範囲も狭いし、ポジションがとにかくよくないから、自分の所にきたボールしか触れないような感じだった。

その分、後衛でストロークを打って繋いでるデラクワはマテックサンズ/サファロバの2人を1人で相手しないといけないような場面もあって、3セット目は完全に疲れている感じだった。

1セット目は互いに様子見な感じでどちらが乗ってるとかいうこともなく、まだ少し固かったマテックサンズ/サファロバ組がブレークされて、シュウェドワ/ドラクワ組が取ったけど、2セット目以降は次第にマテックサンズ/サファロバ組の良さが増していった感じです。

前述したようにマテックサンズ/サファロバ組は強気に前衛を狙ったり、ストレートを狙ったりして積極的だったのに対し、シュウェドワ/ドラクワ組は基本雁行陣のラリー戦を選んでる感じで、1ポイントを取るのに苦労しているというか、ポイントを取るパターンがない感じだった。

マテックサンズ/サファロバ組の方が勢いがあるので、攻撃的な姿勢を見せないシュウェドワ/ドラクワ組の方が試合の流れに飲まれてしまって、ミスが出たり、連携が悪かったりで、どんどん勢いに差がついていく感じでした。

最近の傾向で、シングルスである程度実力のある選手がダブルスに参加して勝ち残ってくる感じも強いので、できれば、ミックスダブルスのようにダブルススペシャリスト同士の試合が見たいですね。ヒンギス/ミルザ組とか残ってきてほしかったかな。