lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

シュツットガルト2015 2回戦 ハレプ vs ムグルッサ (テニス)

1セットは序盤からムグルッサ選手がかなり飛ばしている印象でした。ムグルッサ選手の特徴は、フラットに近い力強いサーブ、ベースラインから下がらずライジング気味で打つフォアとバックのストローク、中に入って打つライジング気味のリターン等です。強いボールが打てるので、サーブやストロークで相手を下げ、短いボールになったらすかさず詰めて決めるといったパターンです。

ムグルッサ選手がパワーで押してくることもあり、ハレプ選手の返球が浅くなり、ムグルッサ選手が決めるというパターンが多かったように思います。この辺はハレプ選手の弱みでもありますね。パワーがないので、真正面からパワーで押されると受けきれず、ハレプ選手の良さが出にくくなります。

第1セットは飛ばしたムグルッサ選手がそのまま押し切りました。ムグルッサ選手も集中していてミスも少なくお互いにいい展開同士だったと思います。

第2セットになるとハレプ選手が対応してきます。左右に振るストロークを使い出し、ここ一発のリターンを決めたりと次第にハレプ選手の良さが出てきました。第1セットはハレプ選手よりも速い展開でのストロークを使っていたムグルッサ選手ですが、第1セットをパワーで押し切れたので、第2セット序盤も同じようなスタイル(というかよりパワー感を出したテニス)を展開しようとして、ハレプ選手に上手く対応されてしまった感じです。このあたり、ランキング3位のハレプ選手の引き出しの多さを感じます。ムグルッサ選手も第1セットの勢いを落とすまいと食い下がりますが、ハレプ選手のうまさが出て、いつものように速い展開のテニスをし始めたハレプ選手に第2セットは簡単に取られてしまいます。2セット目途中からムグルッサ選手に疲れが見えてきます。ガンガン打つショットが徐々に見られなくなり、1発勝負のエースを決めるポイントの取り方が多くなってきます。そのせいか、ミスショットも増えてきて、第2セットのアンフォースエラーの数はハレプ選手の3倍の15個でした。サーブ確率もムグルッサ選手の50%に対し、ハレプ選手の83%とハレプ選手が集中力を上げてムグルッサ選手を追い詰めていたのがわかります。

第3セット序盤、強気に出たムグルッサ選手の強打が決まり2-0とリードしますが、疲労で無理をしているムグルッサ選手のミス等もあり2-2と戻されます。以降、取って取られてが続きますが、次第にムグルッサ選手の疲労度が高まり、集中力を切らさず、守備的なショットからも相手を追い詰め、プレッシャーを与えるハレプ選手の方がリードして行き、第3セットは6-3でハレプ選手が取り、勝利しました。

ムグルッサ選手は背も大きくパワーもあるのですが、強気に攻撃的に攻めるだけではハレプ選手のうまさには勝てないように思います。対ハレプ選手ということで最初から飛ばしてパワー勝負に出たのかもしれませんが、パワー勝負を挑めばミスも増えますし、最後まで攻め続ける体力と精神力がいります。(リー・ナ選手やシャラポワ選手のように) 今回の試合でも、第2セットで既に疲労感が見られ、集中を保ちながらプレイはしていましたが、第1セット目と第2セット目以降では明らかにプレイの内容が異なりました。最初から最後まで一定のレベルでプレイしつづけるハレプ選手の方が安定するのは明らかです。

また、今のテニスの傾向として、パワー勝負よりも速い展開で短いラリーでポイントを積み重ねていった方が確実です。ブシャール選手もそうですが相手を攻め続けるプレイスタイルは、攻守の切替がしづらく、自分が打てない状況に追い込まれると途端に試合の流れが自分から離れてしまいます。

ムグルッサ選手も序盤はハレプ選手同様、速い展開でプレイをしていて、途中でもそういうプレイはしていたので、パワー一辺倒で展開していったのがもったいなかったなぁと思いました。

体の大きな選手はそのパワーを活かす方向にプレイスタイルを取りたがるんですかね。逆にパワーのないハレプ選手の方が戦略や展開力が高くなる方向で進化しているのが興味深い所です。