読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ラジオ好きなのでアイドルの冠番組も聴いたりしてます (主にAKBG) (ラジオ)

ラジオ好きなので、アイドルがパーソナリティを担当するラジオ番組を聴く機会は多くなっています。ほぼ、Radikoを録音して聴く感じなので、番組表で名前を見るととりあえず予約してみたりしています。

数字はランキングという意味でもないのですが、個人的に、聴きやすい、楽しいかなと思う順番に書いてみました。

1.柏木由紀 (AKB48)
TOKYO FMで放送されている冠ラジオ番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」の他、文化放送の「リッスン? ~Live 4 Life~」にもたびたび登場しています。(他、2年間続いた「フレンチ・キスのKissラジ!」や「AKB48オールナイトニッポン」にも時々登場。)

ゆきりんラジオパーソナリティのお仕事が以前からかなり多く、1人での番組出演も慣れていて、仕切りやとっさの対応もスムーズでとても聴きやすいです。声も柔らかく明るいのですごくリラックして聴くことができます。以前リッスンに出ていた頃は、「さぁさぁさぁ」とかリズムを付けるための口癖とかあって面白かったですが、今は特に使ってないみたいですね。でも、流石の安定感で、エピソード的なものを話し際やメールに回答する時も丁寧ですごくよいです。


2.松井咲子 (AKB48)
NACK5で放送されている冠ラジオ番組「見たい! 行きたい! 話したい!!」の他、文化放送の「リッスン? ~Live 4 Life~」、「AKB48オールナイトニッポン」にもたびたび登場しています。他、TBS「山里亮太の不毛な議論」の準レギュラー(今は裏でAKBの番組があるので出られませんが、曜日がズレたりすると出演することがあります)でもあり、他、ラジオ番組へのゲスト出演も多いです。

咲子さん自身、ラジオが大好きと公言しており、深夜ラジオのヘビーリスナーでもあります。自己紹介もラジオ用に「あなたのお耳の恋人 AKB48松井咲子です」と使い分けています。

ラジオ出演の機会、パーソナリティの機会はAKBグループでも恐らくダントツだと思うので、本職といっていい程の安定感です。リスナーが聴きやすいスピードや話し方を意識している感じが聴いていても伝わってきます。明るい感じというよりも落ち着いた感じの話し方ですが、優しい語り方で、何のひっかかりもなく、スムーズに聴くことができます。なお、不毛な議論に出演する際は、山里さんに下ネタ含め、いじられるので、普段とちょっとだけ違う(より楽しそうな)咲子さんを見ることができます。


3.高柳明音 (SKE48)
TOKYO FMの冠ラジオ番組「高柳明音(SKE48)の暗黙の了解」が約2年(2015年3月)で終了し、2015年4月からラジオ日本で冠ラジオ版組「高柳明音の生まれてこの方」が始まりました。ラジオやっているのを知らなかったので、暗黙の了解の終了直前から聴き始めている感じですが、彼女のラジオの特徴はずっと話し続けるマシンガントークですね。本当に始まりから終わりまで、間を開けること無く、ずっと話続けています。多分、すごく頭の回転が速いのだろうなと思います。リスナーさんのボケメールや、スタッフさんの雑なフリ、下ネタ的な内容にも、とっさに切り返して適切な回答をするのがホントすごいと思います。声は強めでしっかり話されるのですが、明るい口調なので聴いていて楽しいです。


4.山本彩 (NMB48)
文化放送で冠ラジオ版組「NMB48山本彩の、レギュラーとれてもうた!」に出演されています。この番組はさや姉1人ではなく、レギュラーであるハリセンボンのお二人(スケジュールの都合で欠席の場合は他の吉本芸人さん)とのトークで進行する形です。(1人の時もあります) さや姉は流暢にマイクに向かって一人しゃべりでしゃべれるキャラクターでもなく、他の方とのトークの中で自然と話す方が彼女の良さが出ると思うのでこの形になっていると思います。(芸人さんとならやりとりに慣れている部分もあるし、話につまっても芸人さんがふってくれますしね。) 番組としては特にコーナーに凝っているわけでもないし、トークも結構しりすぼみになって終わることも多いですが、謙虚でまじめなさや姉の良さがでていると思います。後、番組冒頭の「NMB48山本彩でーす。↑」という独特のイントネーションでつい笑顔になってしまいますね。


5.倉持明日香 (AKB48)
FMヨコハマで冠ラジオ版組「もちくらさんでーらじお」に出演されています。文化放送の「リッスン? ~Live 4 Life~」「AKB48オールナイトニッポン」にもたびたび登場しています。(他、「フレンチ・キスのKissラジ!」も) もっちーもラジオのパーソナリティは結構慣れている感じです。もっちー独特の言葉の言い回しや、番組専用のキーワードみたいなものを使ったりして、リスナーと番組を楽しもうみたいな気持ちが伝わってきます。声も、柔らかいし、とても性格のよい優しい方なので、聴いていて楽しいし、癒されます。


6.高城亜樹 (AKB48)
TOKYO FMで冠ラジオ番組「イモトのWiFi presents 高城亜樹のフライデートリップ」に出演されています。1社提供なのでイモトのWiFiの窓口担当者とトークするコーナーとかありますが、トークでもあきちゃの柔らかい感じがラジオでもそのまま伝わってきます。(天然っぽい方ですが、実際はちゃんとしてて頭のいい方だと思います。)2ヶ月に1度位のゲストとのトークや、PICK UP TRIP!という世界各地の都市や地域について思うことを語るコーナーでも結構しっかりと話をされるので番組としてはしっかり成立していると思います。


7.北原里英 (AKB48)
MBSラジオのラジオ番組の中のコーナー扱いで「AKB48北原里英 いまきたラジオやってまーす!」に出演されています。他、「リッスン? ~Live 4 Life~」、「AKB48オールナイトニッポン」でも出演数上位にいるメンバーです。きたりえのラジオの良さは、まじめな所、ちゃんとやろう感がすごく伝わってくる所です。明るく振る舞ってる中でも、詰まったり、話がブレたりすることがなく、ちゃんとリスナーの事を考えて話そうとしている感じがすごく伝わってきます。そのせいで面白さという部分でちょっともったいない感じもするのですが、そういう一生懸命さが彼女の持ち味だと思うので、ついつい"がんばれー"と応援する気持ちで聴いてしまいます。


他にも冠番組を持っているメンバーはいますし、リッスンやANNにたびたび出演するメンバーも多いのですが、やっぱり番組出演時に冒頭で「すっごく緊張してます」といっちゃう事が多いし、1人で話続けるのについ詰まってしまったり、コーナーの流れをうまく仕切れなかったり、スタッフさんの指示にとっさのやりとりができない事が多かったりです。(後、ラジオ好きか、ラジオに慣れてるかは、投稿メールのラジオネームを読む所を聞けばわかりますね。どのラジオも有名なリスナーさん(メール職人さん)の投稿が多いので、間違って読んだり、読むのにひっかかったりすると慣れてない感がすごく出ます。 ANNに度々出てるメンバーでも有名リスナーのラジオネーム覚えてない子も多いし。)

ラジオのパーソナリティはTVのMC同様、経験+才能が必要だと思うので、最初はやっぱりたどたどしいものだし、回数を重ねて慣れてきたから聴きやすいかというものでもないと思います。(現に、リッスンやオールナイトニッポン等にたびたび登場してるけど、ファン目線を外して聴くとあまり聴きやすくないかなというメンバーもいます。)

まぁ、ゆきりんと咲子さんはダントツですね。