lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

女子選手のスライス (テニス)

男子選手の世界ではスライスは必須テクニックです。
横に振られた際の守備的なショット、ラリーペースが速くなった時のチェンジ・オブ・ペースフェデラー選手にように低い短いスライスを攻撃的に使う選手もいます。

一方、女子選手を見ると、スライスは効果的なショットとはなっていません。

バックハンドでスライスを使う代表的な選手として、フリプケンス選手、ビンチ選手等はバックハンドは殆どスライスだし、ストーサー選手も両手バックスピンも打ちますがスライスを多用します。イバノビッチ選手もよく使いますね。

これらの選手のスライスの特徴は単なるストロークの一つであることです。もちろんバック側に振られた時に守備的に使う場合もありますが、その多くは、スピンを打つ代わりにバックハンドのスライスを使っている事です。そのスライスショットはとてもゆるく、男子選手程回転量が多いわけでもなく、深くコースが厳しいわけでもありません。私は各選手に詳しいわけではありませんが、彼女達が何故スライスを多く使うかをあまり理解できません。

女子選手のショットの強さは、若手選手のレベルアップもあり、次第に強くなっています。男子選手のように回りこんでのフォアを打つ選手もいます。何の意図もない繋ぐスライスショットは彼女達の格好の餌食になります。ある程度の深さのゆるいボールがバウンドしてその場で止まる感じなのですから、弾み方だけ確認できれば、回りこんで構えて打てば、順クロスでも逆クロスでも思い通りに打てるボールになります。

彼女たちの打つスライスショットがかつての女王グラフ選手のように持ち上げるのも大変な程低く滑ってくるならメインのストロークとして使用してもラリーができるのかもしれません。(グラフ選手はバックのスライスで相手のボールが浮くのを見越して回りこんでフォアで打っていました。)

ただ、彼女達のボールにそのような威力はありませんし、スライスを使うシチュエーションが「何故、そこでスライスを打つの?」という状況が多いです。

スライスを打つのが反対なわけではありません。両手バックのスピンをしっかり打ち、回りこみフォアハンドをしっかり打ち、その中で相手の体勢を崩すために戦略的にスライスショットを使うべきだと思います。仮に守備的ショットでも安易にスライスに頼るべきではないかとも思います。男子選手のボールは強力でスライスで対応しないといけない場合も多いですが、女子選手のショットはフットワークでカバーできる範囲が男子選手よりも多いと思います。現に、ポリシーの問題もあるでしょうが、ハレプ選手等は左に振られたショットでもスライスを使うケースは少なく、飛び込みながらの両手バックのカウンター等を使用します。

彼女たちがスライスを使用するのは、ミスしづらいから、時間をかせげるから、(もしかすると)グラフ選手の影響等々あるかもしれません。(スライスを多用する選手はベテランが多いので。)

ただ、今の女子選手の若手の台頭を見ると意図なく安易にストロークでスライスを用いる事は逆に相手にポイントを与えるきっかけになりかねないと思います。(ベテランのスライスに翻弄される若手という図式はもう何年も前の画です。)

ストーサー選手は認識もあるのか、一時期よりスライスを使わず、スピンを使うようになっていますが、彼女の両手バックはさほど強力ではありません。(フォアも回りこみ含め回転量はあるが、威力やスピードという意味では物足りない。多分、打ち方に問題があるように思います。) 私が相手選手なら、必ず彼女のバック側を狙います。彼女がスライスを使うのは彼女のメンタル面の課題も影響しているかもしれません。

イバノビッチ選手は低迷の時期にプレイスタイルに改良を加え、その中でスライスショットを打つようになりました。イメージ的にはナダル選手が使うスライスショットと同じで、緩く飛んで行く、チェンジオブペース的な使い方となっています。また、彼女は左に振られた時の守備的ショットとしてもスライスをよく使います。スライスを使うことは彼女のプレイの幅を広げているかもしれませんが、逆に狭めている面もあると思います。スライスという選択肢があることで、スピンで強気に打つべき場面でもスライスを選択してしまうことが起きているからです。前述のように彼女のスライスは緩いショットですから、相手がわかっていれば回りこまれてコースに打たれてしまいますし、スライスを打つことで自分に有利になるシチュエーションは少ない気がします。

今の女子選手の理想的なプレイスタイルとしては、しっかりとしたフットワークでボールに追いつき、高い守備力も持ち、攻撃的場面でも守備的場面でもコースを狙い、短いストローク数でポイントを重ねていくスタイルだと思います。無駄なストロークを打ち合うことは体力面でも不利で、不要なミスを重ねる可能性も増えます。チェンジオブペースだからとボールに意図のないスライスを混ぜることと相手に攻撃のチャンスを与え、自分の首を締めてしまいます。

仮にスライスを使いたいのであれば、フットワークや両手バックの威力を強化し、スライスを使う機会をもっと減らすべきですし、打つにしても、もっと回転量を増やし、深さやコントロールのバリエーションを増せるようにすべきだと思います。

私は、男子選手のテニスの進化を女子選手がはるか後方から追いかけている図だと思っていますが、男子選手の世界で一時期スライスが否定的に考えられていた(スライスの効果的な利用方法が確立されていなかった。ただの打ち頃の球だった)感じだと思いますが、今の女子選手の世界はまさにそんな感じだと思います。その後、男子選手の世界では様々な技術や戦略の進化に伴い、スライスもうまく利用しなくては勝てないようなり、皆が使える(使い方も知ってる)当たり前の技術になっていると思います。