lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

WTA カトヴィツェオープン ジョルジ対アレルトバ (テニス)

ジョルジ選手の試合動画を探してて見ました。
4月上旬の試合ですね。場所はポーランド。室内ハード。
アレルトバ選手はチェコの22歳でランキングは現在93位。

序盤、ジョルジ選手は短いラリーでどんどんコースをついていきます。アレルトバ選手もストロークはなかなか強力でジョルジ選手と打ち合える位ですがラリーをさせてもらえません。ジョルジ選手がワイドに1球振れば、返球を空いたスペースに打たれてポイントが決まってしまいます。アレルトバ選手はこれ程ストロークをさせてもらえないのに少々面食らったと思います。(普通はバックハンドに打ったらバックハンドに返ってくる、そのラリーの中でどうするかという流れだったり。ジョルジ選手のような選手は常にコースを変え、相手を動かし、空いたスペースにどんどん打ってくる。)

また、序盤はアレルトバ選手のセカンドサーブを狙われてベースラインからかなり入った所からリターンするジョルジ選手にかなりリターンエースを決められていました。アレルトバのサーブはラケットを担いた状態からスタートするモーションなので、球種としてはフラットかスライス、スピン系のサーブはあまり強くないだろうと推測されます。

ジョルジ選手はとにかく強打でベースラインからあまり下がらず、可能であればベースラインより中で打とうとします。相手の返球が短くなるであろうボールが行った場合にはすかさず前に詰めてボレーなり、ドライブボレーを決める流れも確実です。

ただ、ジョルジ選手を見て思うのはボールの予測という部分は少し弱いかもしれません。自分のボールが強力であるが上に打つことに集中しているためか、返球に対する反応がワンテンポ遅い気がしますし、アレルトバ選手が打つドロップボレーや短いボレーには予測が追い付いていない印象です。

ジョルジ選手はかなりの強打でスピンもそれほどかけている感じではないにもかかわらずストロークのミスが少ない選手ではあるのですが、やはり予測の部分か、反応が遅れてギリギリの返球になることも多く、また、体勢が十分でない際のハレプ選手のような深い繋ぎのボール(繋ぎだけど深い所にいって次のボールの攻撃に繋がる)がないので、コントロールミスが即ポイントを失う結果に繋がります。

ハレプ選手も同様ですが、ジョルジ選手もスライスをほぼ使わないのはいいと思うのです。女子選手のスライスは守備的なボールでもありますが、意味のない繋ぎで使う場合も多く、スライスで返しても相手に踏み込まれて角度を付けられる事が多い危険なボールでもあります。ただ、ジョルジ選手は強気な性格のためか、守備的なボール、繋ぎのボールがないのが弱点と言えるかもしれません。

後、ジョルジ選手は逆クロスは殆ど使いませんね。センターからどちらでも打てる感じならほぼ順クロス側に打つようです。多分、逆クロスより引っ張った方が強く打てるんでしょう。また、フォア側に寄っていて、ストレートと順クロスのどちらでも打てる場合はどちらに打つかはわかりません。ややクロス側が多い気はしますが、ストレートが空いていればストレートにも打ってきます。逆にバックハンドの場合は逆クロス気味でも相手のフォ側が空いていればコントロールして打ってきます。バックの方がややスピンが効いている感じなのでコントロールはしやすいのかもしれません。

対戦相手としてはジョルジ選手がリードして勝っても不思議ではないと思うのですが、アレルトバ選手も上手く対応しているため、ブレイクしあう形で試合が進みます。(ジョルジ選手が普通に試合運びをしているのに対し、アレルトバは常に120%位でプレイしている感じで、ジョルジ選手の速い展開にアレルトバ選手はこのままだとまずいという雰囲気を序盤から出していました。) 1セット目はジョルジ選手、2セット目はアレルトバ選手が取り、3セット目もブレークしあう展開でしたが、3セット目に入り、ジョルジ選手は速い展開よりもセンター中心にラリーを続ける展開を選んだようです。(ハレプ選手もやりますが、女子選手は試合途中でラリーを続ける展開に切り替える選手も多いですね。安全に行きたいのと、展開を変えて強くラリーを続ける事で相手にプレッシャーを与える効果を狙っているのではないかと推測します。) アレルトバ選手もラリーに付き合いますが、次第にあたり損ないのカウンターでのポイントや、打ち損ないのミス等が出てきて、結果、ジョルジ選手にブレーク数で押し切られてしまいました。

ジョルジ選手の試合は見ていて面白いですね。彼女の気の強そうな表情は精神面の強さを示してると思います。(状態が素直に表情に出るブシャール選手と対象的) 強打で打っているのにミスが少ないのがすごいと思います。多分、かなりレベルの高い打ち合いを散々続けているのでしょう。自分のプレイに自信があることも表情も変わらないし、プレイスタイルも筋が通っているのに繋ががっているのだと思います。プレイスタイルも展開も早いので小気味いいです。後は予測ですかね。ストロークスピードを落とすとリズムも崩れるから難しいでしょうが、足はそれなりに速いと思うので、相手の変化に追従できる予測があるともっと楽に勝てる気がするのですが。