lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Prostaff 97 買ってみました (テニス)

以前、販売店で借りて打ってみてブログにも書きましたが、やっぱり興味があるので状態のいいものを中古で入手してみました。

張ってみたガットは最近気にあっているテクニファイバーのHDX TOUR 124です。

同じガットを張ったピュアストライクツアーがメインにはなるので、それとの比較にはなりますが、やはりボールに厚く当ててラケットのパワー感 (ピュアドライブとかと違ってボールを弾くパワー感ではなく、ボールをしっかり掴み、潰して打つフレームのしっかりさという意味)で打つにはピュアストライクツアーの方がいいし、ボレー等のタッチ系やボックス形状のためフレームの厚み(重量)があるためか、ヘッドを効かせて回転をかける感じで打つ場合はProstaff 97の方がいいですね。(フェデラー選手も、フォアは脱力からの手首の返しでラケットヘッドを動かしてスピンをかけるのでそのようなイメージ。)

正直、重量5gの違い、ラケットバランスの違いは打ってみて感じます。ただ、それ以上に同じガットを張っていることもありますが、あまり違和感なく両者を打ち比べることができます。(短時間で相互に変えて打ってもそこまで違和感は感じません。)

併用してもいいかなぁとは思ってます。

ただ、私としては、ボールを潰して打つプレイスタイルは変えたくないので、やっぱり基本はピュアストライクツアーを使うようにして、自分が練習したいと思ってるフェデラー選手のようなヘッドを効かせたフォアの打ち方(ラケットをしならせ、ヘッドを効かせて打つとボールに威力が出るし、スピンもかかる)やバックハンドの振りぬき(Prostaff 97の方が若干ですがバックの振りぬきはいい)の練習をするのにProstaff97を部分的に試すような感じかなぁと思ってます。

ストロークに関しても、素直にボールが飛んでいくのはProstaff 97の方ですが、自分の意図をボールに反映させやすいのはピュアストライクツアーかなと思います。(私の打ち方にもよりますが、自分の意図を飛んで行く弾道や威力に反映させたいので。)

ボレーに関しては、正直Prostaff 97の方がタッチが出やすいように感じるのですが、ガットをHDX TOURに変えてからはピュアストライクツアーでもかなりいい感じに打てるようにはなってきたことと、ピュアストライクツアーでタッチを出せないと意味がないので、ボレーに関してはProstaff 97を試すのはやめておこうかなぁと思います。(ボレーボレー位かな。)


【Fukky'sインプレ】Wilson PROSTAFF RF 97 - YouTube