lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

錦織選手のリターン

専門家じゃないから、見た印象からだけど、錦織選手のリターンはコンパクトで素早いなテイクバックで前を大きく取る。厚く当ててリターン方向にまっすぐに推していき、最後の一押しの後、手首でラケットを返していく。ある意味、現代のラケットの性能を活かしたリターンかなと。一般でもよくある体ごとぶつけていってバーンと叩くリターンじゃない。(ダジャレじゃないよ。)

多分、錦織選手のやり方の方がリターンミスは少なくなるんじゃないかと。叩いて強くリターンしようとするとネットやオーバーが多くなるよね。

リターンの解説でコンパクトにテイクバックしてサーバー方向に押していくって解説するけど、錦織選手のリターンはそれを進化させた感じ。基本は同じだけど、多彩なバウンドに対応する為に当て方や当たった後の体の使い方がスゴっていうか。

ボールのバウンドによって体を傾けたり、体重を寄せたりするけど、伸び上がったりしないし、成功したリターンではバランスが崩れない。

フェデラーがバックのスライスリターンをよく使うけど、遅いリターンでも、ベースライン付近まで深く返せれば相手は攻め込んでこらない。(フェデラーのスライスリターンをスイングボレーする選手が出てきたら面白いけどね。) たから、強いリターンを打つより、深さのあるリターンを打つ事の方が大事なのかな。もちろん、錦織選手リターンのやり方でも当たればスピードでるけどね。

メリット的にはラケットのパワーを利用する事で対応力が上がるってことかな。