lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

ジュスティーヌ・エナン (テニス)

エナン選手は好きな(尊敬する)選手。
常に攻撃的にドンドン攻めていく。

女子では珍しい片手バックが強調されるけど、片手バックは彼女の戦術を活かすための手段に過ぎないんじゃないでしょうか。(角度を付けた配球、フットワークを活かすため、スライス/ドロップショット活用)。彼女のプレイスタイルは背が高くないけど、フットワークはいい、体の強さもある彼女の特徴を活かすために必然的に身についたものだと思います。

また、彼女は戦略的にボールを打ちます。相手の返球コースを想定した上で打つコースを選択するので、予測(自分のイメージ通りにボールが帰ってくるから)に基づく、次の動きがとても速く、且つ、ベースラインから下がらす多くをライジングで打ちます。ハレプ選手が尊敬する選手がエナン選手だそうですが、確かに、長い打ち合いを選択せず、戦略的に角度をつけたボールを振っていく姿勢はハレプ選手に通じるものがあります。

フォアはテイクバックのラケットの位置が余り後ろに来ない、前のフォロースルーが大きくとるのが特徴です。(現代でいうとストーサー選手位のテイクバックですが、ヘッドを走らせることでスピンとパワーを出そうとしているストーサー選手に対し、厚い当たりでボールを潰して打ち込むエナン選手の方が圧倒的に威力がありますね。) シンプルなテイクバックから厚くしっかりと叩き、しっかりとフォロスルーを取ります。スイングスピードも速いです。ラケットヘッドが立つフォロースルーなので角度もつきます。

バックは片手バックですが、基本的な打ち方とは明らかに違います。グリップも厚いのですが、ヘッドを効かせてスピンをかける男子選手とは違い、パチンとまっすぐ直線的に厚く当てることで威力とスピンをかけています。最近の選手で言えばバブリンカ選手と似た体の使い方をします。バブリンカ選手は上体を回転させてラケットを後ろから支えてパワーと角度を出していますが、エナン選手も上体を回す程ではないですが、高いボールを打つ際は体(へそ)が完全に前を向いた状態でやや横殴りな感じでボールを捉えます。(彼女は背が低いので強く打つためにこういう打ち方が必然なのでしょう) 厚くまっすぐに振り出すために横向きキープというよりもボールの後ろに体を入れる感じで打ってきます。なかなか真似するのは難しい打ち方です。

また、攻撃的な片手バックには重要なことですが、フォームが柔軟でポジションやボールに合わせて最適な打ち方を選択します。基本はバック側のクロスラリーですが、逆クロス、短い位置からのストレートなど、打ち方を変えて確実にコントロールします。

彼女はスライスやドロップショットも多用する選手です。女子選手では、イバノビッチ選手のように繋ぎやリズムを変えるためにスライスを使うか、フリプケンス選手やストーサー選手、ビンチ選手のようにバックはスライス中心という選手がいますが、男子選手程、戦略的にスライスを使える選手がいません。(片手バックが少ない事も関係あると思いますが。) エナン選手はスライスもスピンと同じ位多用しますが、スピンとのボールの差で相手を戸惑わせ、しっかりと深く打つことで次のボールを攻撃的に打つ返球を呼びます。スライスを打たれた選手は一瞬動きが止まり、ボールにスピードがないスライスでは自分からしっかり叩く必要がありますが、多くの場合、さほど力のないボールを打ってしまい、エナン選手の攻撃を受ける形になったりします。また、ドロップショットもエナン選手にとっては守備的なショットではなくあくまで攻撃的に打ちます。だから効果があります。拾われる事も想定して相手の動きを見て前に出て処理することまで考えて打っています。

彼女はボレーも安定している選手です。ボレーのグリップを見ると厚めだったりでボレーがうまそうには見えないのですが、バランスとボールコントロールの良さでラインギリギリにボレーしてきます。彼女の攻撃的なストロークでは相手の返球が短くなることも多く、前述したドロップショットの処理なども含めて、ボレーの技術は大切なのでしょう。常に前への移動を意識したフットワークをしています。(このあたりはドロップショットへの反応が苦手なハレプ選手が参考にしたい所かもしれません。時代の流れと道具の進化から女子選手は前への詰めを選びません。少し前にサーブアンドボレーで勝てなくなった男子選手の世界にに似ているかもしれません。昨年前半、フェデラー選手がサーブアンドボレーを多用したことで、男子選手の選択肢の中にネットプレイをどう使うかという選択肢が増えました。サーブアンドボレー中心では勝てないのに違いはありませんが、戦略的な配球によるネットプレイは1ポイントを取る手段としては高等かつ有効な手段です。)

エナン選手の唯一の課題だったのはサーブ確率です。彼女のサーブはスライスサーブが基本とはなりますが、セカンドサーブでもゆるい確率を重視したサーブは打ちません。1stも2ndもある程度威力のあるサーブをコースを狙った打ってきます。したがって1stの確率も50%程度の試合が多く、ダブルフォルトも1試合に数回あります。多分、サーブの確率が少々下がっても攻撃的にリズムよくプレイできることが彼女にとっては大事なのでしょうし、サーブ確率が少々低くても、それ以外で十分カバーできる自信があるからこその選択なのだと思います。

また、彼女の特徴として、圧倒的なメンタルの強さがあります。試合中に笑顔を見せることはありませんし、気弱な表情を見せることも全くありません。常に集中し、攻撃的にプレイし、アンフォーストエラーを簡単に犯すこともありません。ミスの中心は攻撃なプレイによるもので、どんどん攻撃的に攻めてきますから、相手も選択肢がありません。(唯一の対抗策は同じレベルのプレイで応戦するのみです。守備的になったり、対抗のためプレイレベルを上げたことでミスを連発するようではエナン選手の思う壺です。)

女子の世界では長らくパワーテニスが優勢で、また加えて才能のある選手が上位を占める形が続いています。一方男子選手の世界は、サーブ&ボレーの時代、ビックサーバーの時代、リターナーの台頭、攻撃的ベースライナーの時代を経て、トップ選手はサーブは速くて当然、ストローク力もある、自分なりの戦術もある、技術もあるというのが前提になってきています。その上で勝ち残るのは、ミスをしないことだったり、年齢に伴う経験(ケアとフィットネスの向上により選手寿命が伸びた)だったり、特出した特徴(サーブ力、リターン力)だったりのはるかに高いレベルでの競争になってきています。女子の世界は正直男子に比べると進化が止まっています。進化せずともパワーや才能だけである程度勝てる状況が続いているからです。ただ、テニスの進化に伴い、女子選手の中でも現代的なプレイスタイルを取れる選手が出てきています。(ハレプ選手、キーズ選手、ムグルッサ選手、ガルシア選手、ベンチッチ選手あたりです。) 彼女達はもちろん身体能力も高いのですが、体の使い方、フットワーク、技術ともに正しい技術を身につけてプレイをしています。才能だけでプレイする選手とは違います。彼女達に条件毎の正しい戦術と経験が重なってくるとパワーや才能だけでプレイする選手は太刀打ちできなくなると思います。(ダブルスではありますが、ヒンギス選手が代表的なダブルス選手、シングルス上位選手に楽々勝つところをみても、パワーだけ、才能だけでは十分でないのは理解できます。)

エナン選手は現代的なプレイスタイルと戦術を駆使して戦う、今の女子選手が参考にすべき要素がつまった選手だと思います。男子選手の世界が進化したのと同様、女子選手の世界も進化すべきだと思います。

見ていて、女子選手の試合は男子選手の試合程の緊張感がありません。(男子選手の試合ではダブルベーグルなんてまずありませんし、1セット目を競っても2セット目は簡単に落として負けるというような試合もありません。) そのあたりを見ても、女子選手には男子選手の世界の進化という見本があるので、進むべき方向性は明らかだと思います。