lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

天才探偵ミタライ〜難解事件ファイル「傘を折る女」〜 (ドラマ)

原作は見たことありませんが島田荘司さん原作ということ見てみました。



誤解を恐れずに言えば、どこかで見たことあるような登場人物の設定が残念でした。

どこまで原作に忠実なのかわからないのですが、部屋に閉じこもりがちな天才脳科学者と人のいい助手役の同居人、警察は主人公の全面の信頼を寄せているが、ただ一人、主人公と相容れない性格の刑事がいる等々。

主人公御手洗潔役の玉木宏さんはのだめや鹿男とかこういう雰囲気の役はお手の物ですね。探偵役が見慣れないので少しだけ違和感はありましたがまぁよい感じだったと思います。

助手石岡和己役の堂本光一さん、ややセリフや演技が芝居がかってた印象です。彼は大体そういう役作りな印象です。もっと自然な方がいいと思いますが、抑えたトーンの演技は御手洗のパートナーとしてはよかったかと思います。

御手洗を信頼できない警部補堅川みさと役の坂井真紀さん。坂井さん云々よりも、この堅川警部補の描き方がおかしいです。女性ながら捜査1課の警部補の方です。多分、猪突猛進タイプではないし、捜査であれば論理的な思考もできるはずです。(上司の高橋警部は御手洗の意見にべったりですが刑事としての能力はまともそう。) それをただただ御手洗が生理的に受け付けないというような理由のない嫌い方をする所が極端すぎます。御手洗が論理的に説明しているのを急に大声だして部屋を出て行ってしまうのがキャラ設定的におかしいだろうと思いました。(ガリレオの吉高さんよりおかしい。坂井さんの演技が変に見えてしまいます。)

御手洗が考えを整理する際の描写。文字が頭の周りを覆うのはSPECの当麻の書道のやつみたいだし、椅子に座ってる周りをデータがクルクル回るのはすべてがFになる犀川役の綾野剛さんが考える時の描写みたいだったり、手をこめかみの前において考えるのは鍵のかかった部屋で榎本役の大野智さんがトリックを解く時の形みたいだったし。

有名な小説家さんの作品だけに事件はかなり複雑で過去の事件からの因果関係やら、複数の事件が重なって起きてるから死体が2つあったりとかでしたが、御手洗が解かなくても、祖父江宣子がバスジャック事件で唯一脱出した乗客であること、マスコミでヒーロー扱いされていることから、犯人はそれに関係している可能性があるし、事件関係者が皆口をつぐんでいることから何か裏があるだろうし、事件で唯一殺された下川雪恵の娘である下川雪子がなんらか関係がないかアリバイを調べれば当日のアリバイはないだろうし。

多分、下川雪子は母との思い出の場所を訪れた後、自首するつもりで、取り調べを受けても殺害した事実のみで、バスジャックの真実を話すつもりはなかっただろうけど、それでも早晩事件は解決したはず。

町屋詩子の死因もハムスターに噛まれたショックというのはちょっと都合がよすぎる感じはしたけど、検視で指の傷が見つからなかったというのはおかしいと思うし、死因不明なら家族からの聴取でハムスターを飼っていたことはわかるから、検視官ならわかるかもしれないと思った。祖父江宣子の自宅で死んでいた点はわかりづらいけど、御手洗が見つけた傘で子供を傷つけられて被害届と祖父江宣子の傘が現場にあったことは結びつくかと思うし、いずれにしても下川雪子が殺している訳ではないから、殺人事件とは関係ないという結論だったかと思う。

謎が混み合ってるから原作流石だとは思ったけど、ドラマ化するとあまりおもしろくない感じになっちゃうなと思いました。TV局側は続編とか連ドラとか考えてるかもしれないけれど、もうちょっとうまくキャラ設定や話の展開をさせないと、謎が複雑すぎると見る側が理解しづらいし、後半どうしても2時間ドラマばりに安直な探偵の謎解きショー的になるのがどうかと思った。