lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

Prostaff 97 (テニス)

量販店の貸出プログラムを使って、Prostaff 97 (315gの方)を借りてきました。

少し打ってみましたが、結構いい感じです。
ボックス形状のラケットとしては以前使っていたPurestorm Tour、もしくはProstaff 90あたりとの比較になりますが、まず、Prostaff 90と比べれば、比較にならない位パワーがあり、スイートスポットも広い印象です。(98インチクラスのボックス形状のラケットと同じ位) 全然打ちやすいです。Prostaff90は芯に当たらないとかなり飛ばない感じでしたが、少し外してもそれなりには飛んでいく感じです。

Purestorm Tourとの比較でいうと、Purestorm Tourよりフレームはしっかりしている印象です。(Purestorm Tourの方がよりしなり感があり、ボールが喰いついてから少し遅れて出てくる感じ) Prostaff 97の方はボックスらしい喰い付き感もあるのですが、弾く感じもあり、Purestorm Tourよりボールが出てくるのは速い印象です。(Purestorm Tour程のしなり感はない。) 多分、Purecontrolだともっと柔らかくしなる感じでしょう。私はボックスらしいしなり感は否定しませんが、ストローク等をがっつり打つ方なら、しなりによりボールが遅れてく出てくる感じでリズムがズレる印象があると思うので、ボックスらしさは残してある程度しっかりとボールを打ち返してくれるProstaff 97の方が現代的かなぁと思います。(最近はボックスらしさに、ラウンドのいい所を組み合わせたハイブリッド的なラケットが多いので。)

張ってあったストリングがWilsonのモノタイプで、普段張っているAK PRO16に近いものでしたが、やや緩んでいるのか、打っていてぐにゃんぐにゃんな感触のため、ストロークやボレーの距離感はイマイチあいませんでしたが、前述の通り、Prostaff90等を使っていた方がよりパワー感を求めて買い換えるには全く問題ないと思います。

なお、315g、310mmということでしたが、普段使っているのがPurestrike Tour (320g、315mm)なので、若干のバランスの違いに戸惑いました。ストロークで振りにいった際の感覚に少し違いがあります。ただ、Prostaff 97のバランスは一般的な値ではあるので、この辺は慣れかなと思いました。(ストリングの違いもあります。) ボレーは多分Prostaff97の方がやりやすいかなと思います。ストロークは私の好みもありますがPurestrike Tourの方がガッツリ打てます。

総評としては、ボックス形状の打感が好きで、今、Purestormを使っている方、他多分、SRIXONのREVO X2.0 (Tour含む)を使っている方で、もう少し硬め(というかフレームのしっかりさ)があったらいいなと思う方ならいいと思います。(Purecontrolの柔らかさはない。)  前述しましたが、最近はボックス形状のいい所にラウンドのいい所を入れたハイブリッド的なラケットが増えている(技術開発の結果による。黄金スペックに続く流行(ラケットの方向性)を作ろうという各メーカーの意図も感じます。)ので、そういうラケットをどう考えるかによりますね。(私の使ってるPurestirikeもそういう位置づけのラケットだと思う。他、HEADのSpeedとかは代表例。) がっつり打つ際のそこまでのフレームのしっかりさは求めないが、ボックスらしさを活かして楽に打ちたい(Prostaffに憧れる)方にはいいと思います。

私はというと、やっぱりPurestrike Tourのしっかりさの方が今はいいかなと。
来年、Purestrikeにニューモデルがでなくて、廃盤とかなったら考えますけどね。


【Fukky'sインプレ】Wilson PROSTAFF RF 97 - YouTube