lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

全豪オープン2015 ウィックマイヤーvsハレプ

ウィックマイヤー選手はちょっと気持ちが強すぎるタイプだと思うな。ちょっとぐらいミスしても強気に気持ちでは絶対相手に負けないようにしようと思うタイプかな。ちょっとスポ根ドラマ的というか。

ミスを恐れないのはいいんだけど、結局、大事なところで不用意にミスすると流れを渡してしまいかねない。攻撃的なミスはまだいいけど、守りでは不用意にミスはしたくない。(今回の相手のハレプ選手はそういう所を流れの中で抜け目なくついてくる相手だから厳しい。)

気持ちで試合をするタイプは気持ちが揺らぐとショットに自信がなくなってしまうと思う。能力をカバーするために気持ちを軸に試合をするなら、バルトリ選手位のふっきれた気持ちの強さがないとね。

一方のハレプ選手は調子は普通だと思った。元々、一方的にダブルベーグルで勝つような試合はしなくて、相手に合わせて調子を見ながら、スキなく攻守の両方で試合を作っていくタイプ。ウィックマイヤー選手が最初飛ばしてきたけど、いつも通り慌てず、受け身の状態からすっと攻めに転じたりして相手を翻弄していく感じだった。

唯一の欠点と言っていいドロップショットへの弱さは相変わらずみたい。相手もわかってるのかな。ウィックマイヤー選手にも何本か決められてた。(でも、クレーの試合でもドロップショットで取れるポイントはたかが知れてるからね。重要なポイントでドロップショットをミスなく打ち切れるのはフェデラー位。)

後、昨年からの変更点としては、サーブとフットワークに違いがあると思った。

ハレプ選手のサーブはあまり威力がないのでリターンで責められるとキツいんだけど (男子ならリターンで責めるのは当たり前だけど女子ではそういう選手があまりいない。)、昨年よりややトスを高く上げているのと、肩と腕の使い方が少し変わってる感じ。トロフィーポーズからの肩の回り方がスピンサーブみたくやや胸を上に向けて肩と水平に腕が回ってくる感じの始動になってる印象と、フラットサーブの強化かな、高いトスを上からしっかり抑えこむ感じの打ち方でフラットサーブをセンターとアドサイドからのワイドに打ち込んでるのが印象的だった。

フットワークでは、横に走って追いついた錦織選手のバックやフェデラー選手のフォアの打ち方に似てるけど、踏込みと同時(足を出した状態)にショットを打つ打ち方を多用してる感じだった。体幹が強くないとできない打ち方だけど今どきではありますね。バックでも叫びながら一本カウンター決めてたけど。ただ、バックは、普通に打てる場合は今まで通りしっかり軸足を入れて打った方がいいかなぁとは思った。一発で強く打てる打ち方だけど、ハレプの持ち味のフットワークを消しかねない感じもするから。(体力温存みたいな考えもあるのかも。)

ハレプ選手も進化してますね。やりにくいのは、セレナ選手やシャラポワ選手みたく、強打もあってミスもしない選手だと思いますが、今年も楽しみですね。