読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

人類資金 (映画)

レンタルで見ました。
公開当時みたいなと思ってた映画。でも、ネットの評価はかなり厳しい内容。

見た感想。つまらない。。

まず、お金かかってない。内容の割に現存の施設をセットに使った画が多く、ロシアとかニューヨークとか行ってる割に画がかなり寂しい。

役者の無駄遣い。仲代達矢さん、岸部一徳さんがもったいない。(でも、岸部さんはこの手の映画もよく出るか。。) 仲代さん、なんか途中からやる気をなくしてる感もあるし、濃厚な演技が演出のせいか軽く感じる。なんか、学生の学芸会にプロの役者さんが出てる感じ。豊川悦司さんとか、オダギリジョーさんとか、端役で一流の役者さん使うから何か意味があるのかと思うと、全く意味がなかったりする。

香取慎吾さん。これは厳しい。出てきた瞬間、あ、この映画はダメだと思った。演技の上手い、下手じゃないんです。残念ながら彼は役者さんに向いてないと思う。彼の演技みて、はまってるって感じた役がない。案の定、この映画でも一人だけ浮きまくってる。

ストーリー。原作見てないけど、こんな内容なの?? 世界人口の7割の人が電話をしたことがないっていいながら、PDAを配布するとか。カペラ共和国で広く配布したとかいいながら、なんでPDAで通信できるのWi-Fi張ったの?? 独自の通信網整備してスマホ配れよとか、というか世界にカペラ共和国を注目させる手段がPDAとかよくわからない。

10兆円。M資金の資産額。日本のGDPは480兆円位あるのに10兆円で世界を動かすとか、現実味がなさすぎてよくわからない。

森山未來さん。カペラ共和国の人の役をよくこなしたと思います。格闘もがんばってるし、この映画で結為一評価できるのは彼の演技。ほんともったいないと思う。

佐藤浩市さん、観月ありささん。まぁ、普通です。それぞれらしい演技です。でも、逆に言えば目新しさがないとも言えます。

正直、見る理由はないです。
140分とか、超長いし、全然、話わからないままズルズル進んで、退屈でしょうがなかった。

follow us in feedly