lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

フェデラーのフォアの切り返し (テニス)

ラケットを変更して、サーブもよくなり、ストロークでのミスヒットも減ったフェデラーですが、フォア側に振られた際の返しのショットの精度が気になります。

 

フェデラーについては、以前から、フォア側に振られた際にカウンターのようなショットを打って決める印象はそれほどありませんが、今年の全豪位から見ていて、逆をつかれた際や、走って届いたフォアを切り返す際にネットにかかるケースが以前にも増して多いように感じます。

現在のフェデラーはサーブとネットプレイが目立っていて、元々ショートポイントが多いので、左右に振るストロークがどんどん続くような試合にはなかなかならないですが、「あ、またフォアがネット」というように見ていて気になります。

ジョコビッチのようにスライドしたり(しなくても左右は強いですが)、ナダルのようにオープンスタンスで振り上げてねじ込むような形は体幹が強いからできるのだと思いますが、フェデラーは2人程の体幹の強さがないのかもしれませんね。(2人の体はかなり筋肉質ですから。)そういうスタイルでもないこともあるのかもしれませんが。

後、フォアの強さも少し衰えているのでしょうか。(周りが進化しているのかもしれないですが。)
ここ数年、高い打点から打ち込むフォアも増えていますが、それだけでは決まらず、相手が取れない、或いは返せない程のボールではないように思います。

サンプラスは2002年の全米で2年ぶりに勝って14勝目を上げました。
フェデラーグランドスラムで再び勝つことはできるでしょうか。