lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

清州会議 (映画)

清須会議見ました。レンタルです。

 

感想は、正直、いまひとつ。

理由は、元となっている清洲会議の内容を知っているから、ストーリー的に膨らみがない(良く言えば元のお話に忠実)感じがして、楽しむ部分が三谷さんの演出になってしまうという所でしょうか。

もちろん、三谷さんの演出は好き嫌いありますから、嫌いな人はこの映画見ないんでしょうけど。

あ、細かい部分では史実と言われているものとは違いますよ。丹羽長秀は最初から秀吉の勢力に押されていたはずだし、滝川一益は会議には到着してないだろうし、お市の方が勝家と結婚したのは、信孝か秀吉の後押しだし。

でも、そういうことは映画上はあまり関係ないでしょう。

役者さんは、三谷映画おなじみに方が多く、ちょい役の方含め、いい演技はしています。

役所さんの柴田勝家はちょっとイメージ違うけど戦以外はからっきしみたいな感じがいいし、大泉さんの秀吉は人たらしの戦略家な感じが会ってる。小日向さんの丹羽長秀は織田家の事を考えてる重臣の重さが素晴らしいし、ちょっとしかでないけど松山ケンイチさんの堀秀政も知恵が回る感じが、伊勢谷友介さんの信包も「らしい」雰囲気がとても素晴らしかった。

ちなみに、鈴木京香さん、剛力彩芽さんはそれなりの出番ですがやっぱりいまいちな感じでした。

逆に、寧を演じた中谷美紀さんは印象と違う明るい演技でとっても光ってました。

後、天海祐希さんは何のために出てたのかよくわかりません。(^^;)

でも、全体的にみるとやっぱり三谷劇場なわけで、その演出に惚れ込んでる位のファンで、且つ歴史物は嫌いでないけど詳しい程でないという方とかでないと、やっぱりストーリーのつまらなさを感じてしまいます。特に会議が決した後の流れは退屈でした。

小説ベースだから映画でどうこうというのは難しいのかもしれませんが、もうちょっと独創的な展開があった方が楽しめたかもしれません。

この映画はそれなりにお客さん入ったのですよね。
感想はどうだったのかな。