読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

アンダルシア 女神の報復 (映画)

映画

織田裕二好きの先輩方と観にいってきました。

映画『アンダルシア 女神の報復』OFFICIAL SITE

http://img.cinematoday.jp/res/T0/00/99/v1302850189/T0009929.jpg


ちなみに前作の「アマルフィ 女神の報酬」も見に行きましたし、TV版の「外交官 黒田康作」も見てます。

まず、感想から言うと、前作、TV版の中で一番面白かったです。


わかりやすく、これまでの比較から入りますが...
前作は、始終うろたえてばかりの天海祐希さんの演技が鬱陶しかったし、佐藤浩市さんが黒幕なのは俳優のランク的に登場時点で解っちゃった。タイトルの"アマルフィ"は名ばかりで、当地には劇中意味なく立ち寄るだけで話には全然関係ない。イタリアのきれいな風景アピールのシーンが多いけど、話が面白く無いから余計に退屈。主題歌もやたらとフィーチャーされてて歌手の方を歌わせるためだけにわざわざシーンまで作ってた。という具合に全体的にちぐはぐな感じでした。

TV版は、話の割に結局大した膨らみもないなのに、いろんな役者さん使って10話分もひっぱるもんだから、織田裕二さん、柴咲コウさん、香川照之さん、夏帆さんとかが、入れ替わり立ち代わり出てきて意味なくバタバタする。織田さんは渋い外交官を演じてるつもりだろうけど、スケールが小さすぎて全然それが伝わってこない。劇場 1作目以上に退屈なドラマでした。

というわけで、本作。

まず、正直言うと、私は黒木メイサさんはあまり好きじゃないんです。(笑)

目のぱっちりとした美人系、モデル風の女優さん、もしくはモデルさんそのものが苦手。(山田優さん、藤原紀香さん、米倉涼子さん、全部ダメ。)
それでも、楽しめる作品でした。

大きかったのは、インターポール捜査官役の伊藤英明さんの存在。

基本、織田さん、黒木さん、伊藤さんの3人で話が展開していくのですが、伊藤さんが正義と (刑事という組織の)建前の間で揺らぐ熱い刑事役をうまく演じていて、織田さんの命令無視してまで正義を貫く外交官(と言っていいのか?)との絡みがいい感じで見られます。

一応、序盤からのフリがあって最後でどんでん返し的な作りにはなっているのですが、ストーリー自体はそれほど面白い感じではない(でも、前述の2作よりいいですよ)ので、どちらかといえば、展開の面白さとか演技とかを見た方が楽しめると思います。若干アクションとかもありますしね。

ゲスト的に出てくる戸田恵梨香さん、福山雅治さんも時間は短いですが前作を見ている身としては、いい感じです。なお、黒木さんの演技は、私の好みを除いてもまぁ普通です。(笑) もっと演技の上手い女優さんでもよかったかもしれないなぁとは思います。役の内容(年齢も)と雰囲気から、満島ひかりさんとか、黒谷友香さんとかだったらもっと雰囲気出てかもしれませんね。

でも、映画自体は何気に面白いので、見て失敗ということはそれ程ないと思います。そういえば、前作同様、舞台であるスペインをアピールするような場面はありますが、場面場面の場所がきちんと写し込まれていて、不自然さはありません。題名にあるアンダルシア地方も出てきますが、これはちょっと映る程度、話の筋には関係ないので、タイトルとしては変ですが、見ていてそんなに違和感はありません。

後、一緒に見た先輩方とも話したのですが、伊藤さんがインターポールで出世して終わったし、役柄的に続編作ってまた出てきたりしてと思いました。でも、Wikipediaでは完結編ってなってるんですよね。どうなんだろ。

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [ 織田裕二 ]

価格:3,693円
(2015/10/12 17:41時点)
感想(17件)