lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

「片手打ちバックハンドの打点は前に取れ」は正しいのか? (テニス)

片手打ちバックハンドは難しい?

私はテニスを始めた時から片手打ちバックハンドですが、スクールで教わったり一般に言われる "片手打ちバックハンドの打ち方やコツ" の類を参考にしたりして散々練習しても一向に上達しませんでした。

でも、今はある程度片手打ちバックハンドで打つことに自信ができました。(うまいということではなく打ち方が分かったと思っているという感じ。) 結局の所、他の方から教わって上達できた部分は全然無くて自分なりに考えることを始めたことで今の状態までたどり着きました。

私は『頭で理解しないとできないタイプ』です。自分なりに片手打ちバックハンドを打てるようになった方もたくさん居るでしょうが、自分が思い浮かべる "トッププロのような打ち方" ができている人は案外少ないと思います。

それは、打ち方(スイング・フォーム)が違うなぁと感じるだけでなく、ミスを恐れてついスライスに逃げてしまうとか、球出しなら打てるけどラリーになるとミスしてしまうとか、思ったようにスピードが出ない・スピンが打てない、そもそも安定してボールが打てない等々です。

今、自分なりに打ち方が分かったと思う要因はやっぱり "手法 (打ち方・やり方)から考えるのではなく「理屈」から考えたこと" だと思っています。

 

 

 

ボールが飛び・回転がかかる理由

ボールが飛び、回転がかかる理由は、スイングによりラケットが速度を持ち、それで得た"全運動エネルギーの一部"がボールとの接触によって伝わるからです。ラケットの持つ運動エネルギーの大きさは「1/2 x ラケット重量 xラケットスピード ^2 (2乗)」で計算され、ラケットは1つなので単純にはラケットスピードが速くなる程、2乗で運動エネルギーは増えてきます。

また、ラケットの運動エネルギーの全てがボールに伝わる訳ではありません。ラケットとボールは固定されておらずエネルギーが伝わるには"接触"です。伝わるのは全体の一部で、ラケット(ガット)とボールの当たり方で伝わり方には多くのロスが生まれます。(ラケットやガットのしなる・歪む・たわむも "エネルギーの伝達に限れば" ロスになる要素です。)

スピンをかけようとボールの打ち出し角度とラケットのスイング角度の差が大きくなれば当然"ラケットとボールが正確に当たるのが難しく"なるし、かすれた当たりなら"ラケットからボールに伝わる運動エネルギーも小さく"なります。

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケットを振り上げる打ち方は「正確にも当たらない」し「伝わる運動エネルギーもロスが大きい」ため効率的ではありません。

f:id:a-londenion:20170721181301j:plain

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケット面は真後ろから90度の角度で当たるのが最も正確に当てられ、効率よく運動エネルギーも伝えられます。ズレても5~6度の間に収めるべきと言われているようです。

ボールの打ち出し角度・方向に対してラケット面は真後ろから90度の角度で当たる

このままでは回転がかからずフラット気味のボールになりますが、まず、「ベースライン中央、地上から80cmの打点からネット中央の2倍の高さ(約1.8m)を通るボールの軌道に必要な打ち出し角度は水平+約5度である」という事実があります。水平+5度で打ち出すだけでネットの2倍の高さを通ってしまうということです。

ネット中央の2倍の高さを超すストロークの打ち出し角度は約5度

よく"インパクトでラケットは地面と垂直"という話を聞きます、正確にはこの"打ち出し角度に対して垂直"です。"水平+5度に打ち出すならラケット面も水平+5度が基本"となります。

ボールに回転がかかるのは物理現象なので、どんな方法であれ「ボールの上側の端に他の部位よりも偏って力が加われば、ボールは飛行中の空気の流れの差により前向きに回転を始める」という理屈があります。

「ラケットはボールの下から上に振れ」と言われますが、それでは前述の通り、ボールとラケット面が接触するのは1点しかなく、正確に当たりづらいです。


図:よく見るスイング方向のイメージ図。でも、"ボールのどの位下から上" なのか (スイング角度)は表していない。ボールは立体なのに平面図で説明するのも違和感。

f:id:a-londenion:20170721181528j:plain


図:ボールを飛ばすためにボールの打ち出し角度・方向に向けてラケットをスイングする中でインパクトでボールの上側の端に偏って力が伝われば回転は発生する。

f:id:a-londenion:20170721181742j:plain


『ラケットをスイングする理由はボールを飛ばすため』ですから、男子プロ選手はボールを打ちだす角度・方向に向かってラケットをスイングしていき、
ラケットヘッド側を引き起こすことでスイングスピード、スイング方向を維持したままボールの上側により強くラケットからの力(運動エネルギー)を伝えているのだと考えています。

フェデラー選手のフォアハンド

 プロ選手はスイングスピードが速いのでボールが飛ぶスピードを確保した上で十分なスピン量を得ています。

そもそもスイングするのはボールを飛ばすためなのでスイングスピードを落としてまでスピンをかけようとラケットを振り上げる打ち方が効率的なはずもありません。

ラケットには慣性の法則が関係する

ラケットには慣性の法則が働きます。

テイクバックで停止状態にあるラケットは手や腕に引かれグリップ側から動き始めますが、ヘッド側はその場に留まろうとするので、手に引かれるグリップ側を留まろうとするヘッド側は反対方向に引っ張り続けます。

テニス慣性の法則でラケットはその場に留まろうとする

ただし、引かれる力の方が強く、スイング方向に加速を始めたヘッド側は、スイングによる回転運動とグリップ側よりも体から遠い位置にあることで、(回転運動の外側にある物体の方が速度は速くなるので) 手や腕の動き、体の回転よりも速度が速くなり、体を追い越して慣性の法則により前に直進していこうとします。

テニス フォアハンド スイングによりラケットは加速する

しかし、手に持たれたラケットは腕の長さ以上には前に進めず、テイクバックからのスイング加速で得られた加速度、およびラケットスピード自体も腕や体を追い越して以降は急激に低下するため、速度が落ちながら腕と共に非利き手側に巻き付いていき、フォロースルーを迎えます。

このラケットヘッド側が慣性の法則で前に進んでいこうとする力は体を追い越して以降も腕を前向きに引っ張ります。逆に腕はその力に対応する(釣り合う)ためにラケットを体の方に引っ張ります。スイングに伴う回転運動もあり、肩・肘・手首の関節を曲げていくことでこのラケットに引かれる力に自然と対応します。

上で「プロ選手はボールを飛ばすためにボールの打ち出し方向に向けてスイングする中でラケットヘッドを引き起こしてラケットスピードは落とさずにスピンをかけている」と書きましたが、腕や手を使って"意図的にラケットを引き起こしている"訳ではありません。それではスイング軌道を操作してスピンをかけるのと同じで人による操作はラケットスピードを低下させます。

「体を追い越して以降も慣性の法則で前進しようとするラケットに腕が引っ張られ、回転運動に伴う遠心力もある。人は腕・肘・手首の関節を自然と曲がっていく動きによりそれらの力に対応しようする。結果、スイング軌道が非利き手方向に曲がっていき、その中でラケットヘッドも持ち上げる」というのが基本となる部分です。

ラケットに腕が引っ張られ、腕の関節が自然と曲がりラケットヘッドが持ち上がる

※遠心力は中心軸から"回転の外側"に物体を引っ張るよう力がかかります。ラケットが進む方向(ボールを打ち出す方向)とは向きが全然違うので「遠心力でボールは飛ばせません。」回転により遠心力がボールの打ち出し方向と方向が合う頃にはボールはラケットから離れています。

ボールを飛ばすためにボールの打ち出し角度・方向に向かってスイングしているので、"ラケットとボールの当たり方はより正確に"なり、"ラケットからボールに伝わる運動エネルギーのロスも小さく"できます。

ラケットをボールに当てる、ラケットをボールにぶつけるという指導

テニスでは「ラケットをボールに当てる」「ラケットをボールぶつける」意識を持たせるよう指導されますが、体の機能や仕組みを使ってラケットが自然と加速し前進していこうとするのを補助できれば、ラケットスピードも上がり、スイング軌道も自然と安定します。むしろ、ラケットをボールに当てようとする意識、ボールに回転をかけようとする意識がスイング軌道を乱し、スイングスピードも上がらず、当たりも悪くします。

個人的にこれらのことが全て含まれているのが、男子プロ選手達の「現代的なフォアハンド (Modern Forehand)」なのだろうと思っています。

インパクトの0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま10cm以上も前に動いている

ボールとラケットが接触するインパクトの時間は0.003秒~0.005秒と言われます。仮に一般の人でも実現可能な120km/hでスイングするなら、インパクト時間の0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま13cmも前進することになります。

インパクト時間の0.004秒の間にボールとラケットは接触したまま13cmも前進

テニスでは『打点』と空中の一点でボールとラケットが接触するような説明がされますが『その "空中の一点である打点" はこの "13cmラケットが動く幅" の中でどの部分にあたるのですか?』という疑問が起こります。

厚いグリップで打つ際、打点の位置は体の前方に離れていきますが、極端に厚いグリップで打つ方が腕が前方に伸びてしまうほどの位置に打点を設定するなら『そこから13cmも前にラケットを動かせますか?』『体から離れる程、加速度・ラケットスピードが落ちてしまうということを理解していますか?』と言えます。

厚い打点でのインパクト、そこから更に13cmラケットを前進できるか?

 

 

 

これらを片手打ちバックハンドに応用する

最初に述べたように、私は、片手打ちバックハンドの基本、コツと言われる事柄を参考にしても満足に打てるようにはなりませんでした。

私のフォアハンドが改善したのも「現代的なフォアハンドとは何か?」を理屈から考えたためで、自然とこれらを片手打ちバックハンドに応用することを考えました。その結果が大きく改善した要因です。

基本となるのは以下の事柄です

1. スイングする目的はボールを飛ばし、回転をかけるため

2. ボールスピード・回転量に関係するのはラケットスピードと当たり方 (すごくシンプル)

3.ラケットは自然と加速し、安定的なスイング軌道を描く

4.加速したラケットは体を追い越した後に加速度、ラケットスピード共に低下する

5.インパクトの間にもラケットは10cm以上前進している


このことから言えることは「テイクバックの位置からラケットを十分加速させ、ラケットが体を追い越す "加速度が残っており、ラケットスピードが速い範囲内" でラケットとボールを接触させるべきだ」ということです。

片手打ちバックハンドの指導

片手打ちバックハンドの指導では「スイング中は横向きをキープし、打点は体よりも前に取る。利き腕を打点に向けて伸ばすように動かし、同時に体が回転してしまわないように非利き手側は利き腕と反対方向に伸ばしてバランスを取る」と言われます。

こんな感じです。

 

片手打ちバックハンドは打点を前に取る

両腕を広げるような片手打ちバックハンドのフォロースルー

でも、片手打ちバックハンドを練習したことがある方は分かると思いますが、横向きの状態で腕の伸ばすように打点にラケット面を進めていっても、押し出すような動きになり、ボールは強く打てないし、安定して飛ばすことも難しいです。

このため、"テイクバックで体をひねってパワーを出す"とか、"遠心力を使ってラケットを加速させる"とか、スピンをかけるには"インパクトで手首を甲側に返すようにしてラケットを引き起こす"と言われたりします。

このような説明で打てるようになった方は大勢居るのでしょうが、頭で理解しないとダメな私には到底無理で、球出しのボールならともかくラリーになると想定した打点の位置で打てなくなります。(結果、打点をもっと前に取れと言われます。) 相手コートの打ちたい場所に打てないし、スピンも思うようにかけられませんでした。

『現代的な片手打ちバックハンド』を考える

"横向きをキープし両腕を広げるようにスイングを行う片手打ちバックハンド"はラケットが木製の時代には居たのかもしれませんが、現在、トッププロが打っている片手打ちバックハンドは私たちが習うそれとは違っていると感じます。

加えて言えば、初心者がスクールで習う『横向きのスクエアスタンスでテイクバックを取り体重移動をしながらラケットをスイングしていくというフォアハンド』も同様です。

それらは昔から続く指導方法に基づくもので、この20~30年のテニスの進化・スポーツの研究の結果に則してしないと感じるのです。

現代的な片手打ちバックハンドの要素

ラケットをスイングし、ボールが飛ぶという理屈から「現代的な片手打ちバックハンド」を考えるとすれば、

1.テイクバックの位置からラケットを十分加速させていく。(ボールを飛ばし回転をかける運動エネルギーの大きさはラケット重量とラケットスピードで決まる)

2.加速は瞬間的にごく短い距離で行うべき。長い距離を動かすスイング(大きく振る)はラケットを動かすのに大きなエネルギーを必要とするし加速させにくい。

3.ラケット及びラケットヘッドの動きは慣性の法則に基づく。

4.片手打ちバックハンドは利き腕だけで打つので、スイング中の回転運動の中心は利き腕の肩であり、フォアハンドにおける体の中心を軸とした回転とは異なる。

5.インパクトの位置(インパクトの13cmの始まり)は "加速度が保たれており、ラケットスピードが速い、利き腕の肩を追い越した辺り (利き腕の肩の前辺り)" にする。

6.スイングする目的はボールを飛ばすため。ラケットスピードを保ち、安定したインパクトを得るためラケットはボールの打ち出し角度・方向に向けてスイングしていく。スピンをかけようと打ち出し角度・方向とスイング軌道の角度がズレればスイングスピードは低下し当たりも悪くなる。

7.ボールの打ち出し角度・方向に向けラケット面をスイングしていく中で、ボールの中心から上側の端に偏って力(運動エネルギー)を加える。ボールの下から上へのスイングではなくボールの上側に力を伝えるということ。

8.ボールが飛ぶのはラケットとボールが接触するから。接触する前、離れた後にいくらラケットを動かしてもボールに影響は与えられない。打点、フォロースルーなどの"形"を気にするなら "インパクトの時間" を大事にする。

といったことが必要となると考えられます。

 

 

 

実際のスイングを考える

片手打ちバックハンドは利き腕だけでスイングしします。

フォアハンドのテイクバック同様、手に重さを感じないようヘッド側を立ててテイクバックし、スイング開始時にグリップ側から手に引かれるラケットは慣性の法則でその場に留まろうとするヘッド側は手をスイング軌道と逆方向にひっぱります。

ヘッド側が留まろうとする力より手がラケットを引く力の方が強いので、手はヘッド側に逆方向へ引っ張られながらもラケットはスイング軌道上を前進していきます。

ラケットはグリップ側から引かれるが慣性の力でヘッド側は手を反対方向に引っ張る

テイクバックで上半身を軽く捻っているので、グリップ側から引かれて倒れたラケットヘッド側は体の後方(右利きなら左手側)から手に引かれ引き出されてきます。

完全な横向きから腕の曲げ伸ばしだけでラケットを動かすより体の回転に伴い腕を動かせるのでスイングが楽になりますし、ラケットの加速にも繋がります。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)1

テイクバックで軽く曲げた肘と、体を捻じったことで非利き手側に引かれた上腕がテイクバックの位置に留まろうとするラケットに引っ張られるので、これに対抗する形で「肩を動かす」「曲がった肘を伸ばしていく」ことでラケットの初期加速を得ます。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)2

片手打ちバックハンドは利き腕だけで打つので、回転運動に伴う回転の中心軸はフォアハンドにおける体の中心ではなく利き腕の肩になります。

※片手打ちバックハンドは『横向きをキープしろ』と言われるのは、体が回り肩の位置が動くことは"ラケット軌道の中心軸が動いてくこと"だからです。スイング軌道が不安定になりボールに当たりにくくなるし、ラケットを加速させているのは腕から伝わる力なので、運動の中心軸が動いてしまうラケットに伝わる力(=加速に繋がる)も小さくなります。(テコの原理における支点が動くこと。)

上腕を動かし肘を伸ばしていった先、上腕と前腕が一直線になる辺りにラケットの最大加速の範囲が来るようにします。そこがインパクトである0.004秒の間に13cm動く始まりの位置になるということです。

片手打ちバックハンドのスイング(横から)3

肩の前辺りであれば目の位置からも近いのでボールとラケットの距離感を得やすいです。打点を前に取ろうとすると"後ろからラケット面を通してボールを見るような位置関係"になるので、当てやすいと感じる反面、ボールとラケットの体に対する距離感が把握しづらくなると考えます。

片手打ちバックハンドのスイング(上から)1

片手打ちバックハンドのスイング(上から)2

片手打ちバックハンドのスイング(上から)3

テイクバックの位置から加速し速度を得たラケットは、回転運動に伴う遠心力 (ラケットを回転軸の外側に引っ張る力) もあり、"より"体から遠ざかります。回転運動の中心から遠い物体ほど、同じ時間で同じ角度を動くために必要な移動距離が長くなることからその速度は速くなります。

中心軸から遠い物体の方が速度は速くなる

加速したラケットは、腕の動きよりも速度が速くなることで、体や腕を追い越していき慣性の力で更に前進していこうとしますが、追い越してしまうことで体や腕から加えられていた力が弱くなり、ラケットの加速度(速度が増す割合)、およびラケットスピードも低下します。ラケットは腕の長さ以上に前には進めないので、速度を落としながらフォロースルーに至ります。

スイングする目的はボールを飛ばすため。ボールを飛ばすためにラケットから伝わる運動エネルギーの大きさはスイングスピードで決まるので、ラケットとボールが接触するのはラケットが体を追い越してその速度が低下していく前になる方がよいはずです。

繰り返しますが、体の回転と上腕の動き、曲げた肘を伸ばすことでラケットを加速させてきた中、上腕と腕が一直線になる利き腕の肩の前辺りでラケットとボールが初めて接触するのは妥当なことだと言えます。

ラケットとボールが接触したままの状態で"そこから13cm前進する"と考えれば、その位置を『手前過ぎる』とは思わないはずです。

よく「打点でボールを押す」と言ったりしますが、この"インパクトで13cm前進する要素"は「人がラケットを動かしてボールを押す」のではなく、「速度を持ち慣性の法則で進んでいくラケットの動き」です。ボールが離れてしまえばラケットはボールに影響を与えることはできないので "テイクバックの停止位置から加速し速度を得たラケットが加速度と速度を保った状態でボールに触れるインパクトがいかに大事か"ということでもあります。

スイングはフォロースルーまで続く訳ですが、ボールに影響を与える部分で言えば大事なのはインパクトまででフォロースルーは惰性です。ただし、フォロースルーまで含めてのスイング、そのスイングを完成させるための体の使い方なので "打点が大事だとばかりにインパクトでラケットを止めるような認識"は意味がないです。フォロースルーまで続く一連のスイングを完成させる中で0.004秒間のインパクト時間(ボールとの接触)があるのであってボールの接触とスイングの完成は別の事柄です。("ラケットをボールに当てる"という意識や操作がこれらとマッチしないのは分かるでしょうか?)

片手打ちバックハンドの打点は前に取れという説明

「片手打ちバックハンドの打点は前に取れ。前に取らないと差し込まれて打点で力が入らなくなる。」と言われますが、そもそも"ラケットとボールは固定されていない"のでスイング中にたまたま接触するボールにラケットで力を加える、ラケットで押すと言うのには違和感があります。

"打点を前に取らないと差し込まれる"というのは、前に向けて差し伸ばしたラケット面でボールを押す感覚に他ならないでしょう。ラケット面でボールを押すのならその位置が体に近くなれば肘が曲がり腕が体に近くなることで"前に押せない"と感じます。

ボールを飛ばすためにスイングをしているのですから、テイクバック位置から加速させてきたラケットを回転の軸である利き腕の肩の前で「ボールを飛ばし回転をかけるためラケットスピードが速い位置でボールと接触する」と考える方が妥当です。

「利き腕の肩の前辺り、体のバランスも崩れにくい利き腕側の腰の前辺りでラケットとボールが接触すると考えるなら目からも近く当たりやすい。そこから13cmラケットとボールは前進していく。」と考える方が理屈に合っていると思うのです。

 

トッププロ選手が打つ片手打ちバックハンドを見れば、利き腕の肩を回転軸に振り始めからしっかりと加速させてきたラケットを、その加速度とラケットスピードを活かして、体に近い位置(利き腕の肩の前辺り)からボールに接触させていっていると感じます。(ボールが離れてしまっているフォロースルーではボールは飛びません。フォロースルーはスイングの後半であり、ラケットを加速させた結果ですね。)

フェデラー選手の片手打ちバックハンド

ガスケ選手の片手打ちバックハンド

理屈は現代的なフォアハンドと同様であり、こういったスイングこそが昔から言われる片手打ちバックハンドの打ち方とは違う、現代的な片手打ちバックハンドなのだろうと思っています。

片手打ちバックハンドに限らず、両手打ちバックハンドもフォアハンドやサーブも理屈は同じです。全て、ラケットの加速度とスピードを利用してボールを飛ばし回転をかけていきます。人の操作で飛ばす・回転をかけるのより、よほど安定感がありラケットスピードも上げやすく、技術やコツではなく"理屈"に基づくものなので誰にでもできることです。


実際に考えたり試してみることもなく、世間一般のイメージだけで「片手打ちバックハンドは難しいからワザワザ練習する意味がない」と言ってしまう現状も私たちが教わる片手打ちバックハンドの練習方法同様に大昔の情報から更新されていっていない現れだと思うのです。

 

テニスの指導は手法(打ち方・やり方)の説明ばかりで理屈が欠けている (テニス)

普段触れるテニスの指導は手法の説明ばかり

テニスを続けていて上達したいと思う中、普段私たちが触れている指導は手法 (打ち方・やり方) の説明ばかりで、"それらを実行することで改善される物理的な関係性"を示されることがないと常々感じています。

学校のテストだと思って下さい。

設問:

「サーブにおいて、何故そうするのですか?」

 

解答:

「フェデラー選手がそうしているから」

「その方が力が入るから」

 

子供が言うセリフみたいで解答としては0点だと思います。

 

 

 

テニスを教える・教わるということ

テニスを教えるには教えるノウハウが必要です。どんなにテニスがうまい人でもノウハウがないままでは効果が出ません。サークル内や親子で教えようとしても上達せず関係が気まずくなるのはありがちですね。

このため、成人がテニスを始める唯一の選択肢と言えるのがテニススクールで、スクールでコーチに教わることで"テニスを教えるマニュアル"に基づく指導を受けることができます。

でも、テニスは教わってもなかなか上達しない

スクールでコーチに教わりながらテニスを続けてもなかなか自分が思うほど上達しません。

これには「テニススクールはテニスを教わる場ではなく、お金を払ってテニスをする環境や時間を手に入れるもの。つまり、ボールを打ち合う自分よりも上手い人が居るレンタルコートみたいなものである」という現実もあります。1コート10人以上が1~2名のコーチに教わる訳ですから各自に時間を取って説明してくれるということはありません。上達は自分の取り組み次第です。

自身で少し打てるようになってくると教わる以外の情報を集めようとします。雑誌を見たりインターネットで検索、プロ選手や色んなコーチの動画を見たりです。

でも、スクールに通うだけよりも多少マシかもしれませんが、そこまでやってもやっぱり自分が思う程には上達しません。

テニスは難しいから自分の能力(運動能力・体力・運動センス・運動経験)では足りないのかと思い興味を失いテニスを辞めてしまう方も居るし、上達したいとなお一層テニスに時間を取る方もいます。

そもそも何故テニスを教わっても上達しないのかということ

硬式テニスは日本中で350万人以上が年1回以上プレイをしているスポーツでその数はずっと変わらず推移しています。特定の才能がなければできないほど難しいはずもありません。

では何故、テニスがうまいコーチがいて教えるノウハウもあるテニススクールに通っても、或いは周りのテニス経験者の話、雑誌やインターネットの情報を参考にしても自分が期待する程上達しないのかと言うと、理由として「テニスで教わる内容には"理屈"が欠けている」という面があるからだと思っています。

テニスを教わる際の説明は全て"手法"の話になっている

テニスを教わる際の説明はこんな感じじゃないでしょうか?

「サーブを打つ際、皆さんの腕の形はこうなっていたり、こうなっていたりします。フェデラー選手を見るとこうなっていますね。皆さんのようにしてしまうと手に力が入ってしまうんです。だからこうやりましょう。」

テニス サーブ サンプル画像

「トップスピンをしっかり打つためには腕の形はこうします。皆さんはこうなっています。そうすると力が入りません。ボールに力を伝えるのためも腕はこうしましょう。その方がより強いスピンが打てます。」

テニス フォアハンド サンプル画像

一見、不思議に思わないかもしれませんが、これらの説明の中には『情報』が一切ありません。

"私たちがやってしまう形や打ち方"と"プロ選手がやるような打ち方"の間にどういった違いがあり、そうする事で何が改善されるのか、ボールの飛びにどういった関係性が生まれるのかといった情報が含まれていないのです。

そこにあるのは"手法 (打ち方・やり方) の説明だけ" です。

理屈を踏まえて情報を伝える

例えばですが、

「腕の関節はこういう構造になっていて、この関節はこちらに曲がるし、この関節はこちらには曲がらない。腕を強く振る、つまりラケットスピードを上げるために必要な腕の動きはこうなる。それはピッチャーの投球動作に共通する。何故なら人の体の仕組みや機能は皆大体同じで、様々な運動で皆それを利用しているから。腕の関節をこの角度に保ち、こう腕を動かすことでスムーズにラケットの速度を上げることができる。ボールを飛ばし回転をかけるのはラケットの重さとラケットの速度で決まる。後は正確にラケットがボールに当たること。とてもシンプル。皆のような体の使い方ではラケットスピードが上がらないし、無理に振ろうとすれば体にも負担がかかりスイング軌道も不安定になる」

と説明されれば、"なぜ今の形や打ち方ではダメなのか、ボールを飛ばす回転をかけるためにはラケットスピードと安定した当たりが必要で、修正することでそれらが得られるといこと" が皆理解できます。

1つの説明の中でこれらを伝えるのは大変そうに思うかもしれませんが、ボールが飛び回転がかかる理屈は1つ、体の機能や仕組みや使い方はテニスの全てのショットに共通して関わってくるものです。テニスに限らず全ての人が普段から使っているものでもあり、1度理解すればそれは "基本そのもの" になります。

 

 

 

なぜ、テニスを教える際、手法を説明するのか

そうやってテニスを教えるのが伝統的に続いているからだと推測します。

前述したように、スクールに通っても個別に指導してもらえる訳ではなく、部活で始める方も含め、テニス経験者の殆どは誰かに教えてもらうというより "何かしらの自分なりの工夫でボールを打てるようになってきている" という事情があります。

一般プレイヤーに個性的な打ち方が多いということ

一般のテニスプレイヤーの多くが個性的な打ち方をしていると感じます。

例えば、プロゴルファーは皆同じようなスイングをします。クラブを正確にボールに当てる、ボールを安定的に狙った所まで飛ばすといった精度を考えると、体の仕組みや機能、その使い方に目につくような個性を挟む余地などないためです。

逆にアマチュアのゴルファーは個性的なスイングで打ちますが、それが思った所にボールが飛ばせない理由になるのは想像がつくでしょう。

f:id:a-londenion:20170701160509j:plain

スポーツ科学や運動学が研究されている今日では、フォアハンドでボールを打つ、サーブを打つといった状況の中、皆のスイングが似通ってくるのが本来あるべき姿でしょう。

上達する中でスイングに個性が加わるのは良いとしても、"癖"とは体の仕組みや機能に関係なく、普段の生活からくる自分が楽に思う体の使い方をしてしまうことであり、それが運動の結果に有効に働くことは多くないはずです。これからテニスを始める、上達していこうという方なら尚更です。

現状で言えば、テニスは教わるより自分で習得している部分が大きい

話を戻すと、「手法を説明し、後は各自の感覚や理解の中で工夫する」という指導が昔から続いていると思います。

日本ではテニスコートの数が限られるし、限られた指導者に対し大勢が同時に教わるというスタイルが一般的です。これは、学校の教室における先生と生徒の構図に似通っていて「テニスは特別なスポーツで難しいものだからきちんとした人に教えてもらわないとうまくならない」という一般認識もあり、私たちが馴染み深い"学校での勉強・授業"に近い形でテニスの指導方法が構築されてきているのは自然な流れだと言えます。

 

指導する側もそうやって教わってきている。標準化という問題。

そういった指導方法に課題があると言ってもテニスを教える側も自分自身がそうやって教わってきています。日本中、どこのテニススクールに行っても、初心者の方にテニスを教える方法は大差ありません。指導方法が標準化されている状態です。

皆がそうやって教わるからそれが普通、誰も疑問には思わず、他に選択肢があるかどうかなど考えません。その中で練習、上達する以外に考えられないし、上達しないのも自分のせいだと考えてしまいます。

因みに上達しないのはコーチが悪い(教え方が悪い)と言う方がいますが、教わる際は"教える人に対するリスペクト"が絶対に必要です。全く同じ内容を説明されてもトッププロが言うなら信用するでしょう。違いはその人に対する信頼感の違いだけです。スクールのコーチが意地悪で無駄な情報を言うはずもなく、教わる情報は客観的に捉えないと練習の時間を(コーチではなく)自分で無駄にしているだけです。(学校で嫌いな先生の科目ができないのは自分に問題があるということです。)

前述したように成人がテニスを始める唯一と言える選択肢はテニススクールです。コートを借りてテニス経験者に習ってもまず上達しません。そういう意味でこれだけ日本中にテニススクールがあることは素晴らしいことだと思います。

アメリカでのテニス指導の状況

詳しい訳ではありませんが、アメリカにおけるテニス指導方法を見てみると、アメリカ全土に "米国プロテニス協会認定"のコーチがたくさん居て、大学や高校のテニスチーム (アメリカには部活はなく、チームを先生(監督)、コーチ、親御さんのボランティアで支えます)やテニス教室等で指導しています。

全てが1対1で教えてくれる訳ではないですがコートの数もコーチの数も多い (恐らく借りるのも安い)し、コーチングの内容や方法はコーチの認定という形で協会から定められているので、伝統的な指導方法がずっと続いている日本とはだいぶ違います。"どちらがテニスの進化や研究に合わせて指導内容が更新できているだろうか"と考えればまぁアメリカの方だろうと想像はつきます。

ジュニアの有望選手が海外での育成を希望するということ

ジュニアの有望選手が早い段階で海外での育成を望むのは日本の環境が整っていないから、海外選手と競争するためと言うのが一般的な認識でしょうか。

海外にも色々あって必ずしも特別な環境や指導が受けられるという訳ではないですが、前述のように日本の現状は "自分で工夫して上達するしかない" 訳で、選手自身に指導が必要な状況でなくても、"上達のために必要な知識や理屈は正しく提供されるべきだろう"と思います。その差ではないでしょうか?

教われないなら自分で理屈を学ぶ

日本でテニスを教わる、テニスの上達のための情報を集めようとすると、まず100%昔から続く指導方法を前提としています。

雑誌に載る「プロ選手のショットのコツ」を参考にしてもプロ選手のようには打てないのはプロと一般という違い以前に、昔からずっと続く情報や指導をベースに特定の情報だけを付加してあるからだと思っています。プロのスイングと体の使い方がそもそも違っているなら同じように打てるはずもありません。スイングそのものではなくまさに"コツ" (特定の要素) ということです。

スクールに通っていても思った程上達しない、情報をいろいろ試しているけどあまり効果がでないと思うのであれば、自分で"理屈"を学ぶことは意味があります。

ボールが飛び・回転がかかる理屈、ラケットとボールの関係性、スイングする意味、ラケットスピードの意味、ボールはラケットは接触して初めて飛ぶのだということ、皆が同様に持つ体の機能や仕組みとその使い方、一般生活や他スポーツでどう体が使れているのか、等々。一生懸命、10cmの違いでボールを的に当てるような技術を得ようとする以前に知るべきことはあります。

なぜボールは飛び・回転がかかるのか、それとスイングの関係性、体の使い方との関係性を知らないまま、ただ一生懸命に腕を動かしラケットを振ろうとする、何百球も納得がいくまで打ち続けるといった事はどうなんでしょうか?

 

バボラ Babolat 新 ピュアドライブ Pure Drive 2018 (テニス)

ピュアドライブ(Pure Drive)のリニューアル時期

ラケットメーカーは2-3年おきに製品ラインナップの更新を行っており、バボラの主要ラインナップであるPure Drive の現行モデルが出たのが2015年、スケジュール通りなら来年2018年に新モデル (後継モデル)が発売される流れになります。

テニスラケット

既に情報は出回っていて、国内販売店も現行モデルの値引きを開始

バボラは、今後発売する新製品の情報を陰に陽に広めていくメーカーで発売直前までひた隠しにする感じではありません。製品名や位置づけが変わるような大きなリニューアルではないのでキャンペーンを仕掛けたりはしていませんが、Pure Driveについても既にネットで様々情報が広まっています。 

www.tennisthis.com

 

国内のネット通販等でも、現行Pure Driveは既に先週後半から定価の半額程度に下げての在庫セール状態に入っています。

 

 

 

どこが変わるのか?

Cortexが内蔵

先行して更新されたPure Aero同様、Cortexがフレームに内蔵されるようです。

Cortexはグリップとスロートを繋ぐ部分にある波型のラインが入ったパーツでボールを打つ際の振動を吸収して手に伝わりにくくする機構です。

Babolat Cortex

Pure Aeroでは表面からは見えなくなっていて内側に埋め込まれています。

Babolat Pure Aero Cortex


ウーファー

ウーファーシステムはガットを通すグロメット部分に滑車のような丸みをつけてガットにボールが当たった際にガットが動きやすくなる、結果ラケットとガットの相互作用が高まるという機構です。

Pure Aeroではそれまでの丸型に膨らんだ形状から外側からは膨らんで見えない形状に変更されました。効果は僅かでしょうがPure Aeroの製品イメージ的にも空気抵抗を減らすという意味合いもあったと思います。

BAbolat Pure Aero Woofer

今年更新された現行Pure Strikeの方は従来からのウーファーの形に近いですが膨らみは小さくなっています。新Pure Driveはこのタイプを採用すると思います。f:id:a-londenion:20170708234325j:plain

FSI Power

Pure StikeではFSI Powerという仕様が採用されています。

現行Pure DriveではFSIというガットの目をラケットの上側に寄せる (上側の方がガットの目が細かくなる) という仕様になっていて「プロ選手はラケットの先の方でボールを打っている。だったら先の方のガットの目を細かくすれば中心で打った時のように違和感なく打てるんじゃないか」という話だったのですが、ストリングパターンを少なくしてスピンがかかりやすくしたラケットと同様のキワモノ扱いという印象でした。(そしてスピンがかかるというストリングパターン同様効果も誤差程度。)

Pure Strikeで採用されたFSI Powerという仕様はラケット全体で横に並ぶストリングパターンを分配してラケット全体でボールを飛びやすくするというもののようです。

Pure Strike FSI power

このFSI PowerがPure Driveにも採用されるようです。

効果はわかりませんがPuer Strikeは「打ちやすい、使いやすい」という評価が多いので打感には関係してくるのだと思います。

Babolat FSI Power Technology

Technology Image

FSI POWER Technology
Wider spacing between the cross strings to boost power, spin, comfort and playability!

For the 2017 Pure Drive line only, Babolat adds diamond shaped grommets to the FSI Power technology. This gives the strings a greater range of movement, resulting in a further increase in power and comfort.

海外も含めPure Strikeのラケット紹介記事、動画を見ても打った感想ばかりで機構について説明しないのですが、TennisWerehouse.comのバボラ搭載機能の説明の中に情報がありました。

説明には新Pure DriveにはFSI Powerに"diamond shaped grommets "が追加されるとあります。この"ダイヤモンド形状のグロメット"とはPure Aeroに搭載れたFSI Spinがオーバル形状だったようにガットを通す穴が従来の丸型ではなく多角形になっているのだと思います。何角形かは分かりませんがダイヤモンドという位なので正八角形なのかなとも思います。

Pure Drive 2018 グロメット 八角形?

 

カラーリング

一見して新しくなったと分かりやすい点であるカラーリングですが、Pure Aero登場時よりもPure Strike寄りというか、この数年で各社が採用している限りなくシンプルなデザインやロゴ使いをする流れを踏襲していますね。 

ネットで画像は出回っていますがじきに公式含め正式な画像は見られるようになると思います。 

個人的にはPure Driveのロゴとバボラの横線デザインがカバーしていますがブルーのべた塗り感が少し安っぽい気もします。

ブルー多めという意味では2009年版を最初に見た時の印象にも近いかもしれません。

Pure Drive 2009

Babolat Pure Drive 2009

でも、これまでのPure Drive、見慣れれば違和感はなくなるのでしょう。

スペック

主要モデルのPure Driveですし、名前が変わるわけでもないのでスペック的には現行モデルと同様になるようですね。

 

2018 Babolat Pure Drive Specs:

Head Size: 100 sq / inches
Weight: 300 gr (10.5oz)
Balance: 32.0 cm (7 points Head Light)
String Pattern: 16/19
Length: 27 inch
RA (Stiffness): 69

Read More http://www.tennisthis.com/2018-babolat-pure-drive-tennis-racquet/ 

ただ、RA値(フレームの柔らかさ)が現行の72から69に下がっています。Pure Aeroは72、Pure Strikeは70なのでそれらよりも柔らかく、ボックス型である旧Pure Controlの後継モデル現Pure Strike VSのRA値が67ですからそれに次ぐ柔らかさということになります。これが意味するのは一般的に言えば"ラケットがしなる"ようになるということです。

ボールが飛び・回転がかかるのはスイングによってラケットが得た運動エネルギーの一部がスイング中のボールとの接触によりその一部がボールに伝わるからです。金属バットで打てばラケットで打つよりはるかに飛ぶことでも分かるように打った際の"打感"とそこからくる"ボールの扱いやすさ"を考えなければラケットは硬く変形しないほどボールに伝わる運動エネルギーは伝達ロスが起きません。

しなるラケットはボールを掴んで飛ばすと言われれますがラケットフレームのしなりはボールが離れるまでに復元することはないので、しなる、歪む、たわむは全て運動エネルギーの伝達効率でいえば"ロス"なだけです。伝達ロスの大きさによりラケット面が大きいラケットはフレームが厚く変形しづらいから飛ぶ、フレームの薄いしなるラケットは飛ばないということです。しなるラケットを選ぶ理由は「純粋に打感が好きだから」ということになりますね。プロ選手にボックス形状のしなるであろうラケットを使う選手が多いのは十分なスイングスピードがあるから運動エネルギーの伝達ロスよりも打感の好みを優先しているからだろうと思います。

"Pure Driveは飛びすぎる"という指摘は以前から続いていて、Pure Drive人気にあやかって登場した劣化コピーのようだったWilsonのJuice (現Ultra)、YonexのEZONE、SRIXONのCVシリーズ、HeadのExtremeはそれぞれ"飛びを抑えてしっかり回転もかけられる"というコンセプトに移行し元祖であるPure Driveだけが置いてきぼり状態です。

恐らく新Pure Driveは「飛ばなくした」という言い方ではなく、WilsonのUltraが使ったような「しっかり打ってもコートに収まる」といった言い方をしてくると思います。また、公式の場ではフレームを柔らかくしましたといった言い方もしないのではないかと推測します。

 

 

 

発売時期は?

海外のサイトでは2017年の9月上旬とありました。全米オープンシーズンには試合でこのカラーリングのラケットを使う選手が見られる感じのようです。

ちなみに現行モデルのPure Drive 2015の発売は2014年の11月で2014年の全米オープンでは選手は使っていませんでした。

新しいPure Driveのお披露目はいつも全豪オープンからという印象があるので、今回はバボラのお家事情 (Pure Driveの人気が落ち込んできており、Pure AeroもAero Pro Drive程の人気ではない。ただ、Pure Strikeが好評でメーカーとしては復調基調にある感じ) もあって新Pure Driveを早めに投入してよい流れを作っていきたいのかなと思います。

個人的には外観を見てもPure Strike程の変更すらない印象ですしこれまで同様のリファイン(改善)の範疇かと思います。

ただ、現行のPure DriveはFSIが邪魔だと思いますし、RA値の変更はPure Driveという存在から考えれば目立たない部分ながらそれなりにインパクトがあるので、既に現行Pure Driveを持っていて半額になった機会に予備を買っておくといった方でもなければ、Pure Strikeの改善具合から見ても普通に新Pure Driveを購入する方がいいのだろうなと思います。

 

ダニエラ・ハンチュコバ選手が引退を発表されました (テニス)

ハンチュコバ選手が引退発表

ダニエラ・ハンチュコバ選手がFacebookで引退を発表されました。

 

 Hi everyone🤗😘!
I want to tell you with all my appreciation and happiness inside of me,that the time has come to retire from professional tennis.This does not mean that I’m saying good bye to tennis at all!i have learned that it is impossible in life to say good bye to the people and things we love with all our heart and for me tennis is one of them..it has been part of my soul and DNA every since i have picked up my first tennis racket and have hit the first tennis ball against the wall..that feeling will stay in me forever..
Im so so thankfull to all the incredible things that has happened to me on and off the court and i would not b the person I’m today thanks to all of that..the good and the bad..the ups and the downs..its been all part of an incredible journey that does not finish here…because it is a journey of a lifetime of all of us together,just from now on without a tennis bag on my shoulders:) and i hope we have many more new chapters infront of us to share together..
Being part of the wta,itf,the Slovak fed cup and Olympic team has been the biggest blessing and privilege and words are not enough to explain all the thankfulness towards everybody that takes care of us in the tournaments,felow players,our stuff and teams around the players and most imporantalny you guys…Being able to share this journey with all of you meant the world to me and we r not finished here..
When we close one chapter of our life the next one openes up and I’m so excited about being able to share it all together with u!🤗
Lets see what life will arrange for all of us!🤗😘💜
With all my respect and love 💜🌹
Yours Daniela

 
具体的な予定とかは書かれてないですね。WTAやITF、スロバキアのフェドカップやオリンピックチームに参加できて幸せだった。大会や選手サポートをするチームやスタッフの皆さんへの感謝。私の人生の旅はここで終わらない。これからは肩にラケットバッグはないけれど :)。 これらが楽しみです。といった内容ですね。

ハンチュコバ選手はモデルさんみたいな高身長のスタイルとルックス、杉山愛さんとダブルスを組んでグランドスラム大会でも準優勝2回、ミックスダブルスでは4大会全てに優勝し生涯グランドスラムを達成している大選手です。

ずっとシングルス、ダブルスともに大会にエントリーし続け、ラケットもプリンスからヘッドに変更し、ヘッドのラケットでも色んな種類を試したりして試行錯誤していました。直近では2015年のパタヤでシングルス優勝、2011年のマイアミでのダブルス優勝となるようです。

 

多分、テニスに関係したような活動を続けられるのだろうと思いますが、今後もご活躍を期待したいですね。一昨年でしたがIPTLに参加したりしていたので日本で杉山さんとダブルスのエキジビジョンといった機会があったらいいなぁとも思います。

 

薄いグリップで打つのだからサーブの打点はもっと体に近いはず (テニス)

サーブは薄いグリップで打ちなさいと言われます

初心者がサーブを教わる際は「サーブを打つ際のグリップはコンチネンタルグリップ等の"薄い"グリップで握りなさい」と言われます。

サーブは薄いグリップで打つ

また、薄いとされるグリップ以外の例えばイースタングリップでサーブを打っているという話になると薄いグリップにしろと声高に主張する人は多いです。因みにその根拠は薄いグリップで打たないと回転がかからないから(※) だとか。

私はこの主張には少々うんざりしています。

 

 

 

ボールが飛び回転がかかるのは物理現象でポイントはラケットスピード

ボールが飛び回転がかかるのは、スイングによってラケットが運動エネルギーが得て、ラケットとボールが接触することでその一部がボールに伝わるからです。

ラケットの運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表すことができ、手に持つラケットは1つだけなので単純に言えばラケットスピードが速くなるほどボールスピードや回転量が増します

ラケットとボールは固定されておらずラケットの運動エネルギーがボールに伝わるには必ず「接触」が必要なので、ボールとラケットとの当たり方によって伝わるエネルギー量にロスが生まれます。

この点を踏まえて言えば、コンチネンタルグリップは伝達ロスが小さく、少しだけ握りが違うイースタングリップでサーブを打つと途端に伝達ロスが大きくなる (ボールに伝わる運動エネルギーが減る = 回転がかからない)、もしくは当たりが悪くなってしまうといつたことが起きるはずもありません。これらは分かりやすい理屈だと思います。

『薄いグリップで打たないと回転がかからない』と言われる方の多くがこの辺の認識を曖昧なままに "周りが皆言っているからと見聞きした話をそのまま言っている感じ"です。現にその人たちの中で "なぜ薄いグリップで打たないと回転がかからないのか"を明確に説明できる人は居ないと思います。

例えば、グリップが薄くないとラケットの振りぬきが良くないから、つまりラケットスピードが上がらないからと言われるなら、グリップの厚さ関係なく無理やりにでもスイングスピードが上がれば解決するということになります。僅かなグリップの違いでそこまでスイングスピードに違いが出るというのも不自然です。

グリップの厚さと運動エネルギーの伝達に直接的な関係性がないことを踏まえて述べていないとこういった矛盾がいくらでも出てきます。

ストロークを打つ際の打点位置を考える

フォアハンドで"打点"だと自分が思う位置にラケットをセットした際、ボールを打ち出す角度に自然とラケット面が向く打点の位置はグリップの厚さによって自然と変わってきます。ボールを打つたびに毎回手首の角度を変えるなどしてラケット面を調整することが妥当なはずもないのでこの自然と決まる位置を敢えて変える必要性は薄いです。

打点位置はグリップが厚くなるほど体の前方に離れていき、グリップが薄くなるほど体に近くなります。

フォアハンド 薄いグリップの打点は体に近い

フォアハンド 厚いグリップの打点は体から遠い

コンチネンタルグリップでフォア、バックのストロークを打つ際、ボレーを打つ際は、打点の位置は体の真横位になります。

テニス バックハンドスライスの打点は体の横

フォアハンドボレーの打点は体の横 

このことに疑問のある方は少ないと思います。

薄いグリップで打つサーブの打点位置を考える

一方、サーブに目を向けると、上のいくつかの例と全く同じコンチネンタルグリップで打っているにも関わらず殆どの人がイメージするサーブの打点位置は体よりもだいぶ前方になります。

多くがイメージするサーブの打点

よくサーブのアドバイスで「打点を前にするとネットするから気をつけろ」と言われますね。

でも、(それは皆が同様に持つ体の機能や仕組み、それらの使い方が正しく理解されていないためで、本来は皆、自然と同じような打ち方になるはずなのですが) サーブの打ち方やスイングが各自バラバラな中、前とか後ろとか言っているその打点位置は妥当なのでしょうか?

ストロークもサーブも体をネット方向に回転させて打つのも同じ

ストロークもサーブも構えやテイクバックで横向きになっている体を腕のある上半身を中心にネット方向に回転させながら腕を振りラケットをスイングしていきます。そこに違いはありません。

ストロークもサーブも体を回転させて打つ

でも、コンチネンタルグリップでフォアハンドを打つとすれば打点の位置を体よりもだいぶ前に取る人はまずいません。ボールを打ち出す角度・方向に向けてラケット面を作るのが難しくなるし、そもそも打点を前に取るとその位置で力が入れにくいからです。

フォアハンド 薄いグリップの打点は体に近い

※打点で力が入りにくい

ここで言う「力が入れにくい」はボールを飛ばし回転をかけるためのラケットスピードを上げられないという意味です。ラケットとボールは固定されていないので運動エネルギーを伝えるには接触が必要です。スイング中に接触することで「たまたま」運動エネルギーが伝わる状態において固定されてもいないボールを「押す」といのは無理があります。プレイヤーが考えるのは「スイングスピードをいかに安定的に上げるか」だけです。

同じ薄いグリップでもサーブになると打点が前だと考えてしまう

でも、これがサーブの話になると途端に"打点の位置は体よりもだいぶ前"になってしまいます。

その理由としては、サーブを打つ際の打点の高さから目標になる相手コートのサービスボックス内の地面を直線で結ぶと当然上から下への直線になり体よりも前に打点がある方がその角度に沿ってボールを打っている(打ち下ろす)イメージが持てるからでしょう。

サーブは打点から打ち下ろすイメージ

また、サーブではラケット面と打ち出し角度の関係が直観的に分かりづらい (打点で自分のラケット面がどちらを向いていて、結果、ボールがどう飛んでいくのかが理解しづらい)ため、薄いグリップで打つフォアハンドのように打点位置とラケット面の向きの関係を理解できないためです。

逆に、グリップが薄いからと言ってフォアハンドで言う体の真横に相当する位置、つまり「体(利き腕の肩)の真上に打点を取れ」と言われてもピンとこないと思います。力が入れにくい気がするし、そもそも周りにそんなことを言う人もいないでしょう。

サーブでラケットが加速していくということ

打点は「点」ではないですよ

スイングによりボールを打つ際はラケットをまっすぐ差し伸ばしてボールに触れる訳ではありません。スイングを行う軌道の中でラケットとボールが接触するゾーン(※)があるだけです。

計算上、120km/hでスイングされるラケットはインパクト時間と言われる0.004秒の間にも "約13cm"も前方に進んでいます。

インパクトの0.004秒にラケットは13cm前に進む

テニスを教わる際は空中のある一点である"打点"でボールを打つような説明がされ、打点の位置にラケットをセットすることで「これが打点の位置、そしてインパクトの形です」と教わりますが実際にはボールとラケットは接触しながら13cmも動いている訳です。このことから「打点」とは自分のスイングを最後まで完成させる中でボールとラケットが接触する大体の目安でしかないと言えます。13cmの幅を持ってボールとラケットが接触していると考えれば「打点」や「インパクト」に対するイメージもだいぶ変わるのではないでしょうか。

ラケットに働く慣性の力

物体であるラケットには慣性の法則が働きます。止まった状態にある物体はその場に留まり続けようとし、動いている物体はその直進運動をし続けようとします。

テイクバック(サーブで言えばトロフィーポーズ)で停止状態にあるラケットはグリップ側から手に引かれて動き始め、ラケットヘッド側は慣性の法則でその場に留まり続けようとするので、手に引かれグリップ側が動いていくのに伴い最終的にはスイング方向の真後ろからグリップ側に追従していく形になります。

サーブ トロフィーポーズ

手に引かれラケットは上に上がっていく

サーブ ラケットヘッドは後ろから追従する

ただ、腕よりも体から遠いラケット、特にラケットヘッド側は、スイングに伴い加速する中で体の回転や腕の動きよりも速度が速くなります。これは同じ角度を回転する際、中心よりも遠い位置にある物体の方が同じ時間で長い距離を動かないといけないのでその速度はより速くないといけなくなるからです。

回転する物体は中心から遠い方が速度が速い

スイングによって腕やグリップ側よりも速度が増したラケットヘッド側は遠心力も伴い、加速しつつ体から離れていきます。

サーブ ラケットヘッドは後ろから追従する2

ただ、慣性の法則によって前方に進んでいこうとする力、および遠心力で外に膨らんでいいこうとする力共にラケットを持つ腕の長さ以上には進んでいけないので腕に引っ張られる形でそれぞれ進もうとする方向を曲げられます。

それと同時に体を追い越したラケットは体から距離が離れるほど加速度は落ち速度も低下しながら非利き手側に腕と共に巻き付く形でフォロースルーを迎えます。

スイング中の腕とラケットヘッドの位置関係とラケットスピードの最大値はどこか考える

何となくでも分かると思いますが「ラケットスピードはテイクバックの停止状態から動き始めた暫くの時間・範囲が最も "加速度(速度が増す割合)" が高い。加速し、体からより遠いことで体の回転速度や腕の動く速度よりも速くなったラケットヘッド側は体の位置を追い越して更に前及び外側に進んでいこうとする。ただし、体を追い越して以降、体から離れるほどラケットヘッド側の加速度は落ち、ラケットスピードも落ちていく。」ということが言えます。

ピッチャーの投球で考えると

テニスのスイングで考える前にサーブと同じように腕を振ることでボールを投げるピッチャーの投球を見てみましょう。

私はボールを持った状態で加速した腕を考えれば『最も腕のスピードが速くなっているのはボールを投げる瞬間ではない』と思っています。ボールを投げる瞬間はテニスでいえばインパクト前後です。

腕の加速度及び速度を考えれば それらが最も高い状態にあるのは腕の関節が伸び切る前、つまりこの辺りです。

 サーブでいえば(グリップを強く握りしめたりせずリラックスさえしていれば)、ラケットヘッドは慣性の法則により先行するグリップ側を真後ろから追従し、速度が増すことでインパクト直前にグリップ側を追い越して前に出てきます。

この際、"サーブにおけるインパクトはこのグリップ側をヘッド側が位置的に追い越す(一直線に並ぶ)直前にインパクトを行う" 必要があります。なぜなら『全てのサーブは回転をかけて打つ必要があるから』です。

サーブのインパクトはラケットヘッドが頂点に到達する前

ラケットヘッド側がグリップ側を追い越して以降はラケット面は上ではなく前、および下に向けて進むだけになります。ネット際で角度をつけてスマッシュを打ち下ろすのでもなければ回転もかけられず上向きに打ち上げることもできないこの位置でインパクトを迎えるのは意味がありません。

ラケットヘッドが頂点を過ぎると前と下にしか動かせない

でも、"皆が思うサーブにおけるインパクトはこういう形" でしょう。

前述のようにインパクトにおいてボールとラケットは接触した状態で約13cm (プロ選手の速いスイングならもっと長い距離)動いています。このフェデラー選手の写真を見ればラケットからボールは離れています。つまり、皆が思うインパクトの形は "0.004秒の最後の方、13cm以上前進してボールが離れる瞬間" ということです。

この0.004秒前には13cm以上後方にラケットとボールが接触した場面があると考えれば、スイング軌道の真後ろから追従してきたラケットヘッド側がグリップを追い越す(腕とラケットが一直線になる)前にボールとラケットは初めて接触すると言ってもそれを疑問には思わないと思います。

逆に、上の写真のように腕とラケットが一直線に伸びた状態から0.004秒間、13cm以上も前にラケットが動いていくと考えればボールに回転がかからないのは当然だと感じるのではないでしょうか?

 

 

 

では、サーブにおける打点の位置とは?

再びピッチャーの例を挙げますが、ピッチャーがボールを投げる際、腕をコック(担ぐ)して上体を回転させ、腕を振ってボールを投げるまで、体と上腕(脇)、上腕と前腕(肘)は90度、上腕と胸は180度以上の状態が保たれており腕の伸ばした状態で振るようなことはありません。

腕の伸ばした状態で肩の動きだけで腕を動かす 

腕の伸ばした状態で肩の動きだけで腕を動かす

上腕の位置は胸(体)と180度の位置にあり、ボールをリリースするために上体を回転させていっても上腕は僅かに前に動いていくだけです。

上半身を回転させても上腕は大きく動かない

ボールを投げる際に肘を体の中心に寄せるようなことはしないでしょう。

ボールを投げる際に肘を体の中心に寄せるようなことはしない

 

このピッチャーの投球における「ボールを投げる際に肘の位置は肩のライン上にある」

ということと、これまで述べた要素「薄いグリップでボールを打つ際、ボールの打ち出し角度に自然とラケット面の角度が向く打点位置は体に近い位置である」、「ラケットの加速度及びラケットスピードは体の位置を追い越した後、体から離れるほど低下する」、「インパクトの0.004秒の間にラケットはボールと接触しながら13cmも前に進む」ということを踏まえて考えれば、ボールをインパクトする「打点」、より厳密に言えなら「13cm動く0.004秒の始まるの位置」は、「体を回転させながら上体をネット方向に向ける中で、ボールを投げる際のように腕を振り、肘の位置が肩のラインを大きく越さず、外旋して後ろから回ってきた上腕が体の位置を追い越して前方に回っていく、及び遅れて追従してきたラケットヘッド側が体の位置を追い越して前方に出ていく範囲」という感じだろうと思います。

また、その範囲は「ラケットが加速度を持ち、ラケットスピードが最大になる」範囲だということがとても大事です。

何度か書いていますが "ラケットをスイングする目的はボールを前に飛ばすため"であり、ボールを飛ばし回転をかける要素は単純には"ラケットスピードの速さ"ですから、スイングする中でラケットスピードが最も速い範囲でボールを捉える、つまりその範囲に打点を置くのは自然なことです。

テニスでは兎角「ラケットを操作してボールに当てる」ことがスイングの目的になってしまいますが、考えるべきは "ボールを飛ばすための安定的でラケットスピードのあるスイングの完成" であり、そのスイング中の0.004秒、13cmの範囲でラケットとボールが接触していると考える方が理屈に合うと思っています。

テニス サーブ インパクト位置1

テニス サーブ インパクト位置2

ラケットヘッド側は腕よりも遅れて出てくるので、腕が前に動き速度が落ちてしまっていては追従するラケットヘッドも腕があった位置に到達した時点で同じように速度が落ちてしまっています。

加速したラケットは、体の位置を追い越し体から離れるほどその加速度及びラケットスピードは落ちてしまうので、打点位置を体から離してしまう、腕が体から離れてしまう(これは物理的に打点を前にするということでもあり、理屈的にはラケットスピードが落ちてしまう位置ということ) のは望ましいことではないということです。

テニス サーブ インパクト位置3

テニス サーブ インパクト位置41

 

サーブのトスについては体に対してどの位置に上げるべきかといった打つ対象としてのボールを主体に考えることが常ですが、私たちが行うのはテイクバックからフォロースルーまでのスイングの完成でありラケットを十分加速させて安定的にスイングを行う必要があります。

ボールが飛び・回転がかかるのはラケットとボールが接触し、ラケットの持つ運動エネルギーの一部がボールに伝わるからでその運動エネルギーの大きさは端的に言えば"ラケットスピードの速さ"です。

ラケットをボールに"当てようとする"動作はラケットスピードが上がるのを妨げるし、スイング軌道にからズレた位置にトスが上がる、もしくはスイング軌道の終盤に当たる体から離れた位置にトスが上がることによってもボールを飛ばすのに必要なラケットスピードは遅くなってしまいます。ボールに当てるためのわざわざラケットスピードを落として調整しているわけです。

トスして空中にあるボールにラケットを当てにいっているインパクト

トスして空中にあるボールにラケットを当てにいっているインパクト

YouTubeや身の回りを含め、多くのサーブの見本がこういうスイングになっているのではないでしょうか?

私は「自分はラケットスピードが安定的に上がるようにスイングの完成を考えている。薄いグリップも含めて "ラケットスピードが最も速い範囲" でインパクト(0.004秒&13cm進む始まりの位置)を向かえると考えればその位置は自然と体から遠くない位置になる。トスしたボールを打ちにいく、ラケットを当てにいくのではなく、自分のスイングの中で最もラケットスピードが速い範囲にトスが上がるのが正しい。」のだろうと思っています。

ウィンブルドンでスリクソン契約選手のステンシルがダンロップになってる (テニス)

スリクソン契約選手のステンシル

プロ選手が使っているラケットのラケット面には契約しているラケットメーカー、ガットメーカーのロゴが"ステンシル"として塗られています。 (文字通り、張りあがったガットに型紙を押し付けて専用のペンで塗っています。)

今回のウィンブルドンに出場するスリクソン契約選手達を見ると通常"スリクソン"ロゴのステンシルが塗られているところを"ダンロップ"ロゴのステンシルが塗られているのに気づきます。

土居美咲選手

ケビン・アンダーソン選手

奈良くるみ選手

この他、イリ・ベセリ選手やザリーナ・ディアス選手もダンロップロゴのステンシルになっているようです。

 

でも、出場選手の中でラドバンスカ選手だけはスリクソンロゴのステンシルのままですね。

ラドバンスカ選手

因みにラドバンスカ選手の黒塗りラケット

ラドバンスカ選手は3月のBNP Paribas Openから黒塗りラケットを使っています。

元々REVO CVシリーズの専用カラーを使うという話で移籍しており現行のCVが2016年1月発売です。

スリクソンは2015年7月発売のCZの後継モデル(新CZ)のプロモーションを絶賛実行中なのでCVの後継という話は少し速く2018年の1月位? というのが妥当な線だと思うのですが、流行りの黒塗りラケットを使ってユーザーに注目させるマーケティング手段なのだと思います。

恐らく全米シーズン前まで黒塗りを使わせて、全米シーズンか全米終了後(ラドバンスカ選手はWTAファイナルに出場するでしょうから)位のタイミングで現行CVの後継モデルとして発表するつもりなのでしょう。

ただ、同じCVを使う奈良くるみ選手は現行カラーのまま使っているので海外では販売されていないローカルブランドのスリクソンとは言え、REVO CVのメインキャラクターは奈良くるみ選手ではなくラドバンスカ選手なのだということの現れだと思います。厳しい世界ですね。

ダンロップロゴのシテンシルを使う意味

スリクソンは住友ゴム工業が使う低価格ゴルフボールのブランドから始まり、世界に向けたブランドとしてゴルフ製品を中心に販売を広げていったものです。ラケットについては2009年にスリクソンブランドでの販売を開始したと思います。

経緯としては住友ゴム工業の子会社は日本・韓国・台湾でダンロップブランド製品を販売できるがそれ以外の国ではダンロップを名乗れないので代わりにスリクソンブランドを用意した流れと聞きました。

2012年まではダンロップブランドのラケットも併売していましたが以降はスリクソンブランドに一本化されています。2012年はゴルフ・テニス製品を扱う子会社の社名変更(ダンロップスポーツ)があったのでそれに合わせてということだったと思います。

ただ、スリクソンブランドのラケットは海外の通販サイトでは見かけることはなくほぼ国内限定で流通しているような状況だと思います。

プロで使っている選手は少ないですが海外ではダンロップブランドのラケットが販売されています。

オーストリアのメルツァー選手はダンロップのラケットを使い続けていますね。

バボラに移籍してしまいましたが国枝慎吾選手も以前はダンロップのラケットを使っていました。

つまり、ウィンブルドン限定なのか今後続けていくのかは分かりませんが、スリクソンブランドのラケットを販売するダンロップスポーツとしては世界マーケットにおいて知名度の低いスリクソンのロゴがTV画面やニュース紙面に載るよりダンロップのロゴが載った方が "ダンロップを扱う企業体" としてはメリットが大きいという判断だろうと思います。

当然、スリクソンロゴの代わりにダンロップロゴを使うことに関する様々な契約や条件等あるのでしょうが面白い試みだとは思います。

ダンロップブランドでスリクソンのラケットを海外で販売するとか

もしかするとスリクソンのラケットを名前だけダンロップに変えて一部販売するといったことも考えているのかもしれませんね。

海外通販サイトに並ぶダンロップのラケットは手軽なスペックのものが多く、他メーカーのラケットと比べればかなり見劣りする状態が続いているように見えるからです。

ラドバンスカ選手が使っているダンロップのラケットという形なら興味を持たれる要素は十分あると思います。

 

 

アザレンカ選手がヨネックス契約に。黒塗りラケットは何? (テニス)

アザレンカ選手がウィルソンからヨネックスに契約変更

ウィンブルドンが始まるこのタイミングでウィルソンのラケットを使っていたアザレンカ選手のヨネックスへの契約変更が発表されました。

契約はラケットのみようです。ウェアやシューズはNIKEのままですね。

これまで使っていたウィルソンのラケットはウルトラ (その前はジュース)でした。

使っているのは黒塗りラケット

アザレンカ選手が使っているのは現行モデルのカラーリングではなく"黒塗りラケット"です。

現行モデルの主要ラインナップには、EZONE DR (2015年10月~)、VCORE SV(2016年9月~)、VCORE Duel G (2016年3月~)があり、製品一覧から消えてしまっている製品として VCORE Tour F (2015年2月~)があります。

Duel Gはワウリンカ選手、SVはケルバー選手が使用中です。

ちなみにツアーモデルは

Tour Fは発売当時チョリッチ選手が使っていましたがすぐに使うのを辞めてしまいラインナップからも消えてしまった流れです。現行ラインナップの1つ前のモデルが出始めた頃からの流れで、ヨネックスとしては「歴史ある王道ツアーモデル」にこだわるのを辞めてしまった感じがあります。

ツアーモデルはヒューイットさんが使っていたり硬派なモデルで新モデルが出るたびに目立つ変更ではなく細かい点で修正を加えていた感じでしたが、EZONE Aiやツアーモデルの派生モデルだったVCORE Tour Gが海外で評価を受け、ワウリンカ選手がグランドスラムで優勝するようになり、ツアーモデルでないどちらか言えば一般モデルであるSi (現SV)を使うケルバー選手が世界No.1になったりといった状況もあります。

ヨネックスのラケットは特徴的な四角いラケット面の形から他社でいえばWilsonのPRO STAFFやHEADのPRESTIGE等のボックス形状ラケットのようにはっきりと認識を持って区別されていません。ヨネックスをよく知らない人から見ればどれも同じように見え、且つ、ヨネックスのツアーモデルを敢えて選ぶ人も減る中の判断だと思います。

EZONE DRの後継でしょうか?

現行モデルの発売時期から見た時期モデルの発表スケジュールを考えてもEZONE DRの後継モデルの可能性が高い気がします。

看板選手の居るVCORE Duel GやSVと違い、EZONE DRには看板選手が居ません。

EZONE DRを使用しているキリオス選手は後から追加された青黒カラーの方を使っておりEZONE DRのメインキャラクターという訳ではないでしょう。

ダブルスで使っているヒンギス選手はヨネックスのアドバイザリー的な位置付け、EZONE DRが登場した時点でのキャラクターであったイワノビッチ選手は先日引退、イワノビッチ選手の成績が上がらなかったためか、その後ワウリンカ選手と共にヨネックスのメインキャラクターになるのかと思われたベンチッチ選手はWTA150位前後と低迷を続けています。

急にツアーに参加しなくなり、久々に顔を見せたと思ったら「赤ちゃんが生まれました」と発表したかつての世界No.1のアザレンカ選手が再度の活躍を目指すにはウィルソンで目立たないモデルであるウルトラを使い続けるよりも良かったのかもしれません。

ヨネックスとしても、現行のWTA上位選手のがっちりとした契約状況を考えれば、成績が上がらなくても知名度はピカイチだったイバノビッチ選手の後釜には十分なのだと思います。

アザレンカ選手が使っているラケットを見るとラケット面の最下部、縦のガットを通すグロメット部分が横長の突起になっているのが分かります。

これはEZONE DRの特徴と一致します。 

f:id:a-londenion:20170706131818p:plain

現行のEZONE DRが発売されたのが2015年の10月、2年後と考えれば夏前の今のタイミングは黒塗りラケットを選手に使わせてユーザーの注目を煽るにはぴったりのタイミングなのだろうと思います。

最近は黒塗りラケットを使う選手が多いですね

フェデラー選手のPRO STAFF97登場時に使ったことで、それまでは契約変更時などペイントジョブで別メーカーのラケットを使うのより短期的に使用されていた黒塗りラケットがマーケティング手段になってしまっていますね。

ナダル選手がピュアアエロをテストする際に使用した黒塗りラケットは注目を浴びましたが、それ以降も、単にカラーリングされてないだけでは? 単なる既存のプロ仕様にカラーリングを変えているだけでは? といったある意味怪しげに見えるラケットを使う選手がものすごく増えています。

メーカーとしても「あのラケット、〇〇のカラーリングだけど××が付いてないし全然違う」と言った変な指摘も免れるし、注目度を集めるにはもってこいの手段なのだと思います。費用と労力を使い自分達で宣伝する必要もなく、単に色を付けてないだけでユーザー達が勝手に話題にしてくれるわけですからね。

 

 

何故、テニスは教わってもなかなか上達しないのか? (テニス)

テニスは難しい

成人の初心者がテニスを始める場合のほぼ唯一の選択肢はテニススクールで、通い始めるにあたり殆どの人が「お金も払っているし専門のコーチが教えてくれるのだから、次第に上達して "ボールを打ち合ったり試合をしたりするテニス"ができるようになるだろう」と思います。

ただ、スクールに通い始め、最初は環境に戸惑いますが、次第に練習にも慣れてくるとだんだん「あれ? 思ったほど上達しないし、それどころか普通に打つだけでもうまく出来ない。ゲームをやるどころか、サーブもうまく打てないし、ストロークを打ち合うのすら安定しない」と気が付きます。

半年経ち、1年経っても当初の期待ほど上達せず、そのまま2年、3年と続けてもその状態はあまり変わりません。スクールに通い続ける人は数か月おきに選択を迫られます。他に上達の方法を求めるか、運動や気晴らしだとそのまま続けるか、つまらなくなって辞めるかです。

なぜ教わっても上達しないのか?

教わっても上達しない方法はたくさんあるはずです。

スクールに通い毎回コーチに教わっても上達しないと、皆、自分は運動が苦手だから、運動経験がないから、運動センスがないから、体力がないからと言った理由を思いつき、上達しない "言い訳" にします。

でも、テニスは日本で350万人以上が継続的に(年1回以上)プレイしているスポーツです。運動能力や運動センスの良さが"うまくテニスができる"要素なら、自分が思うようにできないスポーツをそんなに大勢の人がわざわざコートを借りたりスクールに通ったりして続けるはずもありません。他にいくらでも選択肢はあるでしょう。

そこで私が考えるテニスが上達しない理由は「教える内容と教え方」です。

日本において「初心者に対するテニスの教え方」はほぼ決まっています。上達後には違いが出ても初心者への指導内容はどこのスクールに通おうが大差ないと思います。つまり、初心者がスクールに通い始めてもほぼ全員が思うように上達しない理由はその「教わる内容に課題があるからだ」と考えるのは妥当です。

「テニスは難しいスポーツだからなかなか上達しない」のは事実でしょうが、人それぞれ打てるようにはなるし、大会に出たり競技者になったりする人すべてが体格や運動センスに恵まれている訳でもありません。

初心者がスクールで習う内容はどこも大差ないと書きましたが、道具の進化に伴うテニスの変化によりトップスピンを常用するようになるといった変化はあっても、その基本部分は私が初めてテニスを習った20年以上前から殆ど変わっていないだろうと思います。

教わる内容に課題があるといってもスクールという存在の否定などではありません。私たちが普段触れている「テニスを教えるという情報や内容」自体に課題があるが、それ以外に選択肢が存在しないから誰もそれを疑問に持たないし、それが唯一「テニスを教わるということ」だと皆が思っているということです。

 

 

 

ボールが飛び、回転がかかるのは物理現象であるという理解

ボールが飛び、回転がかかるのは物理現象です。

ボールを飛ばすのはラケットの持つ運動エネルギーの一部が接触によりボールに伝わるからで、その運動エネルギーの大きさは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表せます。

ラケットとボールは固定されていないから正確に当たることが必要で、ラケットのしなり・たわみ・歪みはボールに伝えるエネルギーの伝達に対するロスです

人が回転をかけようと意図的に薄く当てて擦れば当然これも伝達ロスになります

また、ボールに回転がかかるのは、ボールの一方の端に他の部分よりも偏って力が加わることで力の伝達に不均衡さが生まれるからです。

回転は打ち方で生まれるのではなく原因があるから生まれる事象です。

参考までに補足: 厚い当たりとは?

厚い当たりとは"スイング軌道と接触面の角度の差が小さい"ということです。

ラケットでボールをより正確に捉える、ラケットの運動エネルギーをより効率的にボールに伝えるためには「ボールの打ち出し角度・方向に向けてその真後ろから90度の角度でラケット面を当てる、また、その方向に向けてスイングしていく」のが望ましく、ズレても5~6度の間に収めるべきと言われています。

テニス ボールの打ち出し角度・方向に向けてその真後ろから90度でラケット面を当てる

回転をかけようと"ボールを打ち出す方向とスイング軌道が大きくズレる""スイング軌道とラケット面の角度が大きくズレる"  と薄いカスれた当たりになるのは分かると思います。

回転をかけるためにラケットを下から上に振っていく

ボールの打ち出し角度・方向とスイング角度が大きく乖離していく

回転をかけるためにラケットを下から上に振っていく

回転をかけようとラケット面を伏せる

ボールの打ち出し・角度に対して90度であるべきラケット面の角度がズレていく。

回転をかけようとラケット面を伏せる

真後ろから90度のラケット面では「ホームラン」になってしまう?

ボールを正確に捉えられるのは分かるが、ボールの打ち出し・角度に対して真後ろから90度のラケット面で当ててしまうと、ボールは上に飛んで行ってしまい、いわゆる"ホームラン"になってしまうと思うかもしれません。

テニス ボールの打ち出し角度・方向に向けてその真後ろから90度でラケット面を当てる

これについては2点あります。

ベースライン上からネットの2倍の高さを通すストロークの打ち出し角度は"水平+5度"でしかない

1点目は、ベースライン中央付近の地上80cmの打点の位置からネット中央の最も低い部分の2倍の高さ(約1.8m)を通過させるための打ち出し角度は「水平+5度」でしかないということです。

テニス ストローク ネットの2倍の高さを通過させるための打ち出し角度は水平+5度

つまり、水平+5度の打ち出し角度をはるかに超える角度でラケットを振り上げている、スイング軌道を上げているのは回転をかけるためだけに運動エネルギーを消費している、或いは正確なインパクトを阻害しているということです。

ボールの下から上に向かってスイングし回転をかけるというのは "方法" の一つに過ぎない

もう1点は、我々が教わる「ラケットをボールの下から上にスイングしてスピンをかける」という方法はボールに回転をかける条件を満たす方法の1つに過ぎないということです。

前述のとおり、ボールが飛び、回転がかかるのは物理現象なので、条件を満たす方法はいくつもあります。

ボールに回転をかけるのもラケットから伝わる運動エネルギーの大きさなので、ラケットスピードが速いほど回転量も増えます。

運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためにはボールの打ち出し角度・方向に向けてスイングをすべきで、"ラケットを上に振り上げていくこと"を考えれば、こちらの方が"スイングスピードは落ちにくい"のは想像できると思います。

ボールの打ち出し角度・方向に対しラケットを上に振り上げてしまうとスイングスピードが落ちる。スイングスピードが落ちればラケットの持つ運動エネルギーも減る。スイングスピードを落とさないようにボールの打ち出し角度・方向に向けてラケットをまっすぐスイングする中でボールに回転をかけるのであれば「スイング軌道は変えずにラケットヘッド側だけを上に持ち上げられればいい」と言えます。そうすればスイングスピードを落とさず回転量に活かせます。

ボールの打ち出し角度・方向にスイングする中で腕の機能を使ってラケットヘッド側を持ち上げる

スイング軌道は変わらない。(グリップの位置の推移を見ればわかる)

ラケットヘッド側だけが持ち上がっている。

ボールの打ち出し角度・方向にスイングする中で腕の機能を使ってラケットヘッド側を持ち上げる

これが現代的なフォアハンドであり、男子プロ選手の多くはこういった打ち方をしています。

フェデラー選手のフォアハンド

 

"初心者がテニスを教わる"ということを野球に例えてみる

日本で教わるテニスは、野球で言えば「ヒットを打つためにボールをうまく打つ方法を教える」感じだと思っています。


大前提は「飛んでくるボールに "ラケットを当てる" 」ということです。

上手くボールを打つ(ラケットを当てる)には形が大事。だからスタンス、テイクバック、インパクト、フォロースルーの形を作って覚えさせます。

形ができてきてラケットにボールが当たるようになったら、ボールを遠くまで飛ばすには、回転をかけるにはという要素をこれに追加していきます。

ボールを打つ際には打ち負けないように「体重移動」をして打つと教わります。

メジャーリーグ(MLB)で高打率を残す長距離バッターの例

MLBで最近増えている "ホームランも打つのに3割を超える打率も残すような主軸打者" を見れば、テイクバックからフォロースルーまでしっかりバットを打っているのに体の軸が動きません。

こうする理由はMLBのピッチャーが投げる複雑に変化する速球に対応するためです。一方、日本のバッターは片足を大きく上げ、体を前に動かしながらスイングする選手が多いという違いがあります。どちらがより正確にボールを捉えられるかと考えれば、頭の位置や視線が動かず、スイング中の体の軸のブレが少ないMLBバッターの方なのは明らかだと思います。

頭の位置を動かさないようにスイングを行うということはゴルフでも厳しく言われます。

ゴルフは小さいボールを長いシャフトについて面積の小さなクラブフェイスで打つので、とにかく正確にボールを捉えられなければ始まらないので、このように言われるわけです。

ゴルフ スイング 頭を動かさない

 

頭の位置や体の軸がブレないことをテニスに置き換えると

バッターは両手でバットを持つ分、股関節や下半身まで大きく回転させる必要がないのですが、片手で打つテニスのフォアハンドでは、体をボール方向に向けていいかないとラケットを体の前側(ボール方向)に大きく動かしていくことができません。

前側の脚の股関節が邪魔をしてスイングの後半が難しくなってしまうからです。

テニス ストローク 横向きのテイクバック

従って、ボールに対して横向きに構えた状態から、体の中心軸を "前側、後ろ側のいずれかの脚上に" 寄せ、足先から頭の先までを1本の軸になるようにして回転させる必要があります。  

テニス ストローク 体の中心軸を前側の脚上に寄せる

 

テニス ストローク 体の中心軸を後側の脚上に寄せる

フィギュア選手がスピンをする際に片足で回るのと似ていると思います。

この前側の脚上に体の中心軸を移動させて足から頭までを回転軸とする動作がテニスを含めた各スポーツで言われる「体重移動」の正体だと思っています。

フォアハンドは片手で打つので、しっかり打つには腕のある上半身をネット方向に向けて、腕とラケットが利き腕の肩よりも前、かつ肩から近すぎず、上下左右そして前方向に離れ過ぎない位置でボールを打つ必要があります。

腕とラケットが利き腕の肩よりも前の一定範囲にある

よく「ラケットでボールを押すのに力が入りやすい位置、それが打点」と言われますが、ボールが飛び、回転がかかる理由はラケットと接触することでラケットの運動エネルギーの一部がボールに伝わるからです。

テニス フォアハンド 打点

ラケットとボールは固定していないし、ボールが飛ぶには接触が必要な状況でスイング中に「押す」というのはあくまでイメージ上のこと。実際にはスイングスピードを上げてラケットの運動エネルギーを大きくすること、安定的なスイングでボールと接触することが大事なのです。

イメージ上の表現を実際のインパクトとして再現させようとする教え方は理解不足・情報不足だと思えます。

上記のボールを打つ位置は、"押す際に力が入りやすい位置" というだけでなく "ラケットを最も加速させやすい位置" であり、ここの付近にラケットの最高速度つまり『打点』を持ってくるのは妥当な考え方です。

 

なぜオープンスタンスで打つ方が強く打てると思われているか?

我々がテニスを始める際、ほぼ100%の割合で、横向きのスクエアスタンスでテイクバックした状態から体を回転させ正面に向けながらスイングする方法を教わります。最近は分かりませんが、最初からオープンスタンスでのスイングを教わる方はかなり少ないでしょう。

このため、殆どの方が「オープンスタンス = プロが使う応用技術」という認識で、プロ選手が打っている様子を見て「オープンスタンスの方が強いボールが打てるなどメリットが多い」と考えています。

そして、オープンスタンスに興味を持った人は、オープンスタンスを取り入れるべく練習しますが、殆どの人が「見た目上、スタンスがオープンになっているだけでスイング自体は以前と変わらない。プロ先週が打つ際のスイングとは別物」な状態になります。これは、プロ選手が行っているのは「横向きのテイクバックから打っていたスイングをスタンスだけオープンにしたものではないから」です。

オープンスタンスにしても打っているボールは以前と変化なのないので多くの人が疑問に感じると思いますが、そもそもの認識が違い"教われる情報が身の回りにない" ので誰も理解に至れないままになります。

プロが打つ現代的なフォアハンドとは?

オープンスタンスはネット方向を向いた状態から体を捻じってテイクバックをすると書きましたが単純に言えばスタンスは関係ありません。

完全なオープンスタンスだろうが、セミオープンだろうが、スクエアに近かろうが、体を捻じったテイクバックができればいいのです。

また、ラケットをスイングするのは結局「腕」なので、単に腕を振ってラケットを動かすということではなく、腕の関節などの機能や仕組みを理解して「どう腕の機能を使えば、腕の機能だけでも速く安定的にラケットスピードを上げられるか?」という理解とそれを実践できることが大事です。

西岡良仁選手のYouTubeチャンネル動画「座りながらでも基礎の練習ができる!!!」

西岡選手が先日YouTubeチャンネルを開設されました。プロ選手が直接公開される動画は貴重ですし参考になる動画を継続的に発信されるなら貴重な場になると思います。プロ選手は契約等もあり動画の公開は慎重だしマネジメント上ビジネス(要は有料)という流れになりやすいです。すぐにお金の話になるより気軽に動画を公開したりする方が今どきだとは思いますけどね。

椅子に座った状態なので上半身を捻じるといってもかなり限定的で腕の動きを中心したスイングにはなりますが、体の各部の機能や使い方を理解して意識せずに動かせるようにしておけば、かなり限定された状況、腕だけでスイングせざるを得ない状況でも普段のストロークと変らないようなスピードでスイングできるということだと思います。

体の各部の機能を動かすことの組み合わせが全身で打つということ

前述の通り、テニスで言われる "体重移動" は重さの移動ではなく"体の軸移動"だと思っていますが、横向きのテイクバックからボールを打つ際に不可欠な体の回転、そのために必要な体の軸の移動は簡単に言えばラケットの加速にはマイナスです。

また、体重の1/6の重さがある頭の移動は体の軸のブレを招き、頭が動くことで視線がブレ、正確なインパクトを阻害します。

現代的なフォアハンドと言える、上半身を捻じってテイクバックしそれを戻すことでスイングすることはMLBのバッターやゴルファーのようにテイクバックからフォロースルーまで体の軸や頭の位置が動かないでスイングができる、且つそのそのスイングはラケットスピードを効率的に上げることができるということです。

我々が感じる「オープンスタンスで打つ方がボールに威力がある」というのは「ラケットスピードが速い」「正確にボールを捉えている」ということであり、スタンスの違いではなく体の使い方の違いから生まれるものだと言えます。

プロ選手が皆同じような体の使い方でフォアハンドを打っているのに意味があるのですが、昔ながらの情報をもとにテニスを教わってきている我々がそれを知る機会はありません。例としては、雑誌で「プロの打ち方を解説」といった特集が組まれても、それは我々が昔から教わっている情報に プロ選手のフォームから"コツの類" を拾って重ねたものに過ぎず、人の体の機能や仕組みはこうなっておりプロ選手は体の機能をつかってどうスイングしているかという説明がされない限りプロ選手が打つ現代的なフォアハンドとは全く別物を試行しているにすぎません。実際、雑誌の記事を参考に練習しても殆どの人に大きな変化が見られないのでも明らかだと思います。

テニスを習う際、そういった説明の仕方がされることはまずないでしょうが、初心者の方、そしてテニスの練習を続けてきている方でも、皆が共通して持つ体の機能や仕組みを理解し、それを運動の場でどう機能し使えるのか、テニスはラケットを振ってボールを飛ばすスポーツながら、「ラケットを操作してボールに当てる」ことと「ラケットに働く慣性の力を利用するため、体の機能を使ってラケットを加速、自然に且つ安定的に進もうとするラケットを補助する。スイングを最後まで完成させる中にボールとの接触がある」ことは全く別物だろうと思います。

プロ選手のスイングを見て、プロ選手はテニスがうまいからということ以前に、上記の2つを考えればどちらがそのスイングに当てはまっているかは明らかだろうと思います。プロ選手のストロークではラケットを操作してボールに当てているようには見えないでしょう。

 

 

 

まとめ

多くの人にとってテニスは難しいです。でも、テニスを難しく感じさせる理由は「どうやって打てばいいのかという理解をするための情報がテニスの進化に合わせて更新されていっていない」ことがとても大きいと思います。スクール等に通い、きちんと教えてもらっていると思っていても、過去20年のテニスの進化を考えればその教え方や教わる情報が昔からずっと変わらないのは疑問です。

ボールスピードは上がり、初心者の段階からトップスピンをかけてストロークを打てと教わるのに、全く同じように "ベースラインから相手コートに向けて打つ" サーブは回転をかけないフラットサーブが基本と言われる。(今どき、フォアハンドの基本はフラットだという説明はされない。)

プロ選手が長年研究されてきた体の各部の機能や仕組みを使いボールを打っているのに、昔のテニスから変わらず、横向きのテイクバックを取り、"体重移動" させてボールを打つと教わる。オープンスタンスを上級者向けの技術だと考え取り入れようとする。

ラケットとボールが当たりにくくなるし、ラケットスピードが落ちる要因になるのに、トップスピンが流行り始めた20年以上前から変わらず、ラケットをボールの下から上に向かってラケットをスイングすると教わる。


個人的に疑問に思うことを上げればキリがありません。成人の初心者がテニスを始める唯一と言える選択肢であるテニススクールを否定する気持ちは全くありませんが、私たちはそういった状況、他に選択肢がない状況でテニスを教わっているのだと私は考えています。

 

フォアハンドを見てよく感じる違和感、速度が上がるとうまく打てなくなる要因 (テニス)

普段、フォアハンドを見ていて感じる違和感

ネットや実際のコートで他の方がフォアハンドを打っているのを見て感じる "ある違和感" があります。

それは「体の回転と腕でラケットを振るということの関係性」についてです。

うまく説明できるか不安ですが、その内容となぜ起きるのか自分なりに考えたことを書いてみようと思います。

フォアハンドは横向きのテイクバックから打つと教わる弊害

まず、テニスを始める際、フォアハンドは「横向きのスクエアスタンスによるテイクバックを取り、体を正面に向けて回転させながらボールを打つ」と教わります。

テニス 横向きのテイクバックから打つフォアハンド

その後の上達に伴い、オープンスタンスを取り入れようと試みる方も多いですが、”横向きのテイクバックからスイングするのと正面向きから体を捻じったテイクバックを取りスイングするのでは体の使い方が異なって"きます。

テニス オープンスタンスから体を捻じったテイクバックから打つフォアハンド

 

横向きのテイクバックからスイングする打ち方が身についている方がオープンスタンスを導入しようとしても、体の使い方の違いを理解しない限り、”単に足の位置が違うだけで打ち方は変わらない"ということが起きます。 

そして、唯一、横向きのテイクバックからスイングするという打ち方だけ教わる現状では(誰も教えてくれないので)この違いを理解することは難しく、結果、オープン系スタンスを使おうとする多くの人が "横向きのテイクバックからスイングする打ち方の癖が残ってしまう" という状態になっていると頻繁に感じます。

横向きのテイクバックからのスイングの内容

横向きのスクエアスタンスのテイクバックからラケットをスイングする場合、ボールを打つため、そして体よりも前の打点で打つためには、腕のある上半身を回転させてネット方向に向けていく必要があります。

ただ、スタンスもボールに対して横向きになっているので、左右両方の脚から支えられた体は上半身がうまく回転できません。

テニス フォアハンド 横向きのテイクバック

このため、体の中心軸を前後の脚上に移動させ、頭から足先までを1つの軸として回転できるようにしてスイングします。

テニス フォアハンド 体の中心軸を前側の脚上に移動させてから体を回転

一般的なフォアハンドの場合、体の中心軸の移動は前側の脚上へのものであり、これが一般的に言われる「体重移動」の真相だと私は考えています。

※体重移動の説明で言われるように「重さである体重をボールに向けて移動させないとボールに打ち負けてしまう」のであれば、下図のように後ろ側の脚上に体の軸を移して体を回転させながらではまともに打てないし、そもそもオープンスタンスでは目に見える体重移動がないのにより強くボールが打てている説明がつきません。

テニス フォアハンド 後ろ側の脚上に体の中心軸を動かして打つ

 

 

 

スイング時、体の回転とラケットを動かす腕の動きの関係性が生まれる

テニスを教わる際、体全体を使って打つなどと言いますが "ラケットを振っているのは結局、腕の役割や動き" です。

腕の機能の説明 スピネーション、プロネーション

ただ、スイングにおいては「体を回転させてネット方向を向ける」ことと「腕でラケットを振る」ことの関係性が生まれます。

前述の、横向きのスクエアスタンスによるテイクバックから体を回転させてラケットをスイングする場合、「体の軸を前側の脚上に移動させる」という動作が加わることで、プレイヤーの意識は「体の回転」が主となり、「腕を使ってラケットを振る」という動作は体の回転に伴う動きとなっていると感じるのです。

何がよくないのか分かりづらいと思うのでもう少し情報を補足します。

ボールを飛ばすのはラケットスピードであるということ

たびたび書いていますが、ボールを飛び、回転がかかるのは "ボールとラケットが接触することで、スイングによってラケットが得た運動エネルギーの一部がボールに伝わるから" です。

ラケットの持つ運動エネルギーの大きさは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で表せ、ラケットは1つなので、単純に言えばラケットスピードが上がるほどボールは飛び、回転もかかると言えます。

(※厳密には、安定したスイング軌道で正確に当たらないとボールに伝わる運動エネルギーは伝達ロスばかりだし、ラケットのしなり・歪み・たわみも伝達ロスになります。)

ラケットスピードを上げるのは力を込めて振ることではない

物体であるラケットには慣性の法則が関係します。

テイクバックで止まったラケットは"その場に留まりつつけよう"とするし、手に引かれ動き出して加速し、速度を持ったラケットは"その直進運動をし続けようと"します。速度を持ったラケットは "勝手に" 安定したスイング軌道を作るようになっているのです。

テニス フォアハンド ラケットのスイング軌道例

ラケットを強く振ろう、速く振ろうとする人の操作はラケットの加速や安定した軌道を邪魔します。

つまり、スイングでは「テイクバックの位置から短い距離で瞬間的にラケットを加速させ、腕に力を込めず、後はラケットが慣性の法則で自然と進むよう、関節などの体の機能や仕組みを使いそれを邪魔せずフォローする」ことです。

体の回転よりも腕の振りやラケットの動きの方がボールに影響を与える

前述した通り、ラケットを引き動かすのは結局、腕の機能や仕組みを使うもので、体の回転や下半身の動きは「安定的に腕を振る」という動作を行うための関連動作に過ぎません。この場合、主となるのは「腕の機能に基づく腕の動き」であり「体の回転」はこれに従う動作ということです。


教えられる通りに一生懸命体を回転させて打とうとしても、体が回転する速度よりも体から遠い位置にある腕の方が速度は速くなるし、さらに腕よりも外側にあるラケットは腕よりも速度が速くなるのですから、ボールに直接影響を与えるラケット、及び腕の方が重要度が高いのは当然と言えます。

※「距離 = 速さ x 時間」ですから同じ時間でより長い距離を移動しないといけない分、体から遠い位置にある物体の方が速度は速くなるためです。

中心から遠い物体の方が速度が速い

腕の機能だけと使って普段と変わらない位強くボールを打てる

端的に言えば「腕の機能だけを使ってラケットを"しっかり"と振ること」ができます。

体全体を使って打つ、体を回転させて打つと考えていると意味が分からないかもしれませんが、当然ながら体を動かさずに腕だけでもラケットは振れますし、腕の機能や仕組みを理解していれば、腕の機能を中心にスイングしてもそれは俗に言う「手打ち」とは違ったものになります。

※手打ちとは

手打ちとは「体を使わず手だけでラケットをスイングしているように見える」というだけで実際に"手だけで"スイングしているケースは多くありません。

腕と体との連動性と言う意味も含めてそう言うのでしょうが体を回転させないと腕が動かせない訳でもありません。

人は原因を説明できるだけの知識がない場合、目で見た印象をそのまま口にします。

実際、手打ちと感じる人に感じるまま色々アドバイスしてもまず治らないでしょう。原因は皆が見た印象で指摘している部分とは別の部分にあるからです。

 西岡良仁選手の練習動画 (椅子に座った状態でボールを打つ)



手順ではなく、ボールを飛ばすというスイングする目的を達成するために

体を回転させて打たないとボールをしっかり打てない、手打ちになると考えているとボールを追いかける中で、自分が思ったようなスタンスが取れない、フットワークが取れないだけで"いつも通りに"ボールが打てなくなります。

普段は体全体でボールを打っているイメージでも、体の各部の機能がしっかり使えていれば、スタンスが何でも多少体勢が悪くても変わらず同じようにスイングができボールが打てます。

実際、プロ選手がボールを打っている様子を見ても、ボールに合わせて打つたびにスタンスが違っても全て同じようにストロークできていると思います。(前側の脚一本だろうが後ろ側の脚一本だろうが同じように打てている。)

これは「体を回転させ腕を振って」といった手順(打ち方)ではなく、体の各部の機能や使い方を理解した上で、「ラケットを加速させボールと接触させる」というシンプルな目標に沿ってスイングしているためだと思います。

 

ラケットの加速に必要となる要件

ラケットが加速するのは物理現象なので要素さえあれば手法は何でも構わないはずですが、スイングという観点からすればラケットに働く慣性の力を邪魔せずスムーズにこれを補佐する動作である必要があります。

そこで上げられるのが以下の3点です。

1. バチで太鼓をたたくような腕の動作

2. 利き腕の肩よりも前に腕及びラケットがある状態

3. ラケットが加速し、その後減速する範囲の理解

バチで太鼓をたたくような腕の動作

バチで太鼓をたたく際のような、腕、特に肘から先を使った動作は "体に近い位置で、短い距離で瞬間的に物体を加速させる" という目的にピッタリです。

太鼓をたたく際は肘を立てた状態ですが、腕を倒せばテイクバックからのスイング開始時の状態になります。

 

利き腕の肩よりも前に腕、及びラケットがある状態

人が腕に力が込めやすい位置は、利き腕の肩よりも前、且つ、肩から一定距離までの空間で前後左右に肩から離れすぎない範囲となります。

ボールは利き腕の肩よりも前、且つ距離が離れ過ぎない位置で打つ
肩よりも後ろでは力が入りませんし、腕が伸びて肩から離れてしまっても同様です。

力が入れにくい理由は「てこの原理」が関係しています。

 

ラケットが加速し、その後減速する範囲の理解

テイクバックの位置で停止状態にあるラケットは手に引かれて加速をはじめ、より体から遠い位置にあるラケットヘッド側は体や腕が動くより速度が速くなり、結果、体や腕の位置を追い越してさらに前方に進んできます。ただ、腕の長さ以上に前に進めないラケットは腕に引っ張られる形で直進運動の方向を変え、速度を落としながらフォロースルーとして非利き手側に腕と一緒に巻き付いていきます。

2で述べたように"人が力を入れやすいポイントは利き腕の肩の前"です。

ストロークでは"ラケットをスイング"しており、止めたラケットでボールを押すのとは根本が違っています。よく「ボールを押す」「ボールに力を伝える」と言われますが、ラケットとずっと接触しているわけではないボールをスイングの途中で押すことは不可能であり、できるのはラケットスピードを上げて増大した運動エネルギーを正確にインパクトすることでできるだけボールに伝えるということだけです。

ただ、"人が力を込めやすい位置" は同時に "ラケットを加速できる位置" と言えます。

2で示した利き腕の肩の前、且つ、肩から離れない位置にラケットスピードの最大速度(ピーク)を持ってくると考えれば、この付近に打点 (インパクト) を置くというのはとても自然な考え方になります。

繰り返しますが、よく見聞きする「力を入れやすいポイント = 打点の位置」というのは、ボールに働く物理現象に対する理解をかなり省略してしまっており、聞く側に誤った理解を生んでいると思います

打点は "点" ではない

ストロークを打つ際は私たちはスイングをしています。

計算上、ラケットが120km/hの速度でスイングされている場合、ラケットとボールが接触しているインパクトの長さと言われる0.004秒の間にもラケットは13cmも前進しています。

テニスでは「形」を作らせることを指導の常としているので、「インパクトの形」を作った位置が「打点」であり、それは「空中の1点」のように認識してしまいます。このことが「打点でボールを押す」というイメージに繋がっています。

素振りと実際ボールを打つ際を考えても、ボールと接触するしない関係なくスイングは途中で止まったり、急激に速度が落ちたりしません。

「打点」の言葉通り1点でボールを捉えると考えるより、

「素振り同様、スイングをしっかりと行う(完成させる)。スイングの完成とは"形"を作ることや"打ち方"の手順を守ることではなく、"ラケットが安定的に加速する"ということ。そのスイング中、13cm幅のゾーンの中でボールがたまたま接触しているだけ。」

と考える方がいいと思っています。

「ボールを打つ」と考えるより「ラケットを加速させる」という意識が持てるからです。

 

 

 

これらと横向きのテイクバックから体を回転させてスイングすることとの関係性

上記の「1. バチで太鼓をたたくような腕の動作」「2. 利き腕の肩よりも前に腕及びラケットがある状態」「3. ラケットが加速し、その後減速する範囲の理解」と合わせて腕の機能や仕組みを理解すれば、体を捻じれず正面を向いたままでも短い距離でラケットを瞬間的に加速させボールを打つということができるようになります。

フェデラー選手のストローク練習

 

横向きのテイクバックからストロークを打つ場合、皆「体の回転が重要だ」と考えます。

体を回転させて正面を向かないとラケットをしっかりスイングができないので当然なのですが、スイングにおいて「体の回転が主」「腕によるラケットの加速が従」になるのが問題です。

体の機能や仕組みを理解するためでも "腕の機能によるラケットの加速" だけでも通常打っているのと変わらない位にラケットは加速でき、ボールを飛ばすために必要なのは "ラケットの安定的な加速と速度" なので、体の回転とそれに伴い腕を振ると考えるのは "重要性の順番が異なる" と言えます。

横向きのテイクバックから体を回転させてスイングする場合の特徴

 横向きのスクエアスタンスによるテイクバックからラケットをスイングする場合、体の軸を前側の脚上に移動させて体を回転させることが前提になるので、体の回転 → 腕の動き というスイングの構成になります。

短いボールをベースライン付近から前に詰めながら打つ場合など、球威よりもコントロール性を保つために横向きを保ったままスイングするようなケースは体の軸の回転がメインでそれに腕が追従、腕が体に巻き付くようなスイングの方がよいのです。

テニス 前に移動しつつ横向きのテイクバックからボールを打つ

 

ただ、通常ベースライン付近でストロークを打ち合う場合などで、打ち合うボールの速度が上がってきた場合、ボールに追いつく時間が少ない場合、疲れてきて姿勢を保つのが難しくなってきた場合など、『体の回転とそれに伴う腕の追従(体への巻き付き)を制御する時間的な余裕がなくなり、体の回転と腕の動きが一体化してくる』ようになります。

体の回転と腕の動きを順番に行っていく余裕がなくなり体を腕が一体化して回転する

テニス 時間的余裕がなくなると体と腕の回転が一体化してしまう

打っている本人も体の回転 -> 腕の追従 という順番に行うと理解していてもそれを行う余裕がなくなるのです。

さらに、体を回している余裕すらなくなると "ジャンプしつつ体と腕を一気に回そうと" したりします。(見ていると分かると思います)
 

これを "時間が足りない・準備が遅い" と解釈し、「速いテイクバックをする」「予測をしてボールに速く追いつく」「ボールの後ろに入る(後ろ側の足を置く)」と言った助言がされたりしますが、根本で言えば"テイクバックからの始動で、体を回転させ腕を振っていくという動きの順番に必要な時間を短くしようがない"ので、余裕がない中ではこの欠点はクリアできません。

初心者の方の素振りの様子を見ると腕を振っている割にラケットは加速しない

また、コーチに教わっている初心者の方が説明を聞きながら素振りをしている様子を見ていると、体の回転と腕を振ってラケットをスイングするという動作の連動が取れておらず、両者がバラバラ、もしくは体の回転より腕の動きが大きくなっている(腕でラケットを振っている)のが見られます。

ただ、ラケットの加速よりも体の回転や腕の動きの方が中心となってしまっているので、腕を振っている割にラケットヘッドが前方に出てこない、ラケットが体の位置を追い越して肩よりも前に出てきたらすぐに非聞き手側に巻き付いてしまうようなスイングになります。

テニス フォアハンド ラケットヘッドが前方に進む間もなく体にラケットが巻き付いていく

 

ラケット(ヘッド側)は急激に加速し、後方から体や腕を追い越し、前に進んでいく

スタンスに関わらずテイクバックの状態から、体が回転し始める、直後に腕が動き始める、慣性の法則で留まろうとするラケットはグリップ側から引かれ、ヘッド側は後方から引かれていく、その際グリップ側を引く手を逆方向に引っ張ります。引っ張る力は腕を捻じり、外旋やスピネーションの動きとなります。

f:id:a-londenion:20170501233734j:plain

※このように体の回転からスイングが始まるのですが、これはラケットを加速させるという目的のために起きているもので、「体の回転をしてから、腕を動かして...」と体の回転を基準に考えるのは間違っています。

 

最初は体の回転や腕の動きより速度が遅かったラケットが短い距離で急激に加速し、体や腕を速度で上回ったラケットヘッド側は体を追い越して前に進んでいきます。「体の回転や腕の動きを途中からラケットが速度的に、位置的に上回っていく」という点が大事です。

f:id:a-londenion:20170502005313j:plain

上の2例のように「体と腕が同一角度で動いていく」「ラケットが体よりも前に出てきたらすぐに体に巻き付いてしまう」というのは「ラケットの速度を上げる」ということをスイングの目的にしていないためです。

体を回転させる、ラケットを振るという意識はテニスの手順やボールを打つという人の動作や意識としては理解できますが、ボールを飛ばし回転をかけるのはラケットスピードであり、安定したスイングで正確にボールを捉え運動エネルギーを小さいロスで伝えることですから、物理上の法則に沿ってシンプルに「ラケットを加速させる」ことを考える方が、ボールを打つ手順や、ボールを打つという意識よりも優先されるべきだと考えます。


この辺りが「他の人がフォアハンドを打っているのを見てよく感じる違和感」と思うものです。

どうすればいいのか?

根本から言えば、男子プロ選手が行うような "現代的なフォアハンド" を打つための体の機能や仕組みの理解、使い方の理解を行うべきだろうと思います。男子プロテニスが日々強豪の出現に合わせて進化してきた歴史がテニスの進化そのものです。

横向きのスクエアスタンスによるテイクバックからスイングする打ち方は変えるべきだといったことはありません。前述の通り、前に詰めてコントローラブルに打つ場合などは適しています。ただ、男子のトッププロ達が普段そうやって打っていないことを見ればどちらに多くメリットがあるのか明らかです。

ただ、私たちが普段見聞きするテニスを教わるための情報は20年以上前から続いてきているもので、雑誌等に載る「プロのように打つコツ」もプロの打ち方そのものではなく、私たちが見聞きする情報をベースに要素を加えて見せているだけだと思っています。

それらをいくら参考にしてやってみてもプロのようには打てないのは皆感じていると思いますし、殆どの人がうまくできない情報を "テニスは難しいから簡単にうまくなるはずがない"で済ませてしまうのも疑問です。

プロ選手のスイングをマネるのは多くの方がやると思いますが、見た目の形や動きを形態模写するのではなく、"ボールが飛び・回転がかかるという物理現象を起こすために必要なラケットの加速を体の仕組みや機能を使ってどう引き起こしているかという観点" から、選手のスイングを見比べていけば、理解のための気が付くことが沢山あると思います。

 

 

Under Armour アンダーアーマーのテニスウェア (テニス)

アンディ・マレー選手は2015年シーズンからアンダーアーマーを着用

マレー選手がそれまでのアディダスからアンダーアーマーのウェア、シューズを変わったのは2015年シーズンからで、もう3シーズン目になります。 

ただ、アンダーアーマーのWebサイトを見ても製品カテゴリーに「テニス」がない状況がずっと続いていますし、「テニスウェア」と名のついた製品が海外通販等で見られるようになったのもこの最近です。野球やゴルフとはかなり位置づけが違いますね。

想像するに野球はゴルフと違い、テニスではアンダーアーマーの持つブランド特性が活かしにくいのだろうと思います。シューズを除けばテニスウェアはランニング用、トレーニング用との違いを説明しづらいですから。

アンダーアーマーのテニスウェア

海外のテニス通販サイトTenniswarehouse.comを見てみるとアンダーアーマーのウェアとして色々並んでいます。

f:id:a-londenion:20170624001213j:plain

 

ただ、テニスと名がつくウェアは1種類のみです。

Under Armour Men's Summer Tennis Crew
http://img.tennis-warehouse.com/watermark/rs.php?path=UAMSPTE-WH-1.jpg

 

これはマレー選手が試合で着用しているのと同じデザインですね。

全仏オープン2017のマレー選手

 芝シーズンに入ってきているウェアは、これまでマレー選手が着ていたウェアより素材がアンダーアーマーっぽいというか、密着感があり汗をかくと体に張り付くような感じです。首回りはV字で同じですが新デザインという感じに見えます。

国内でアンダーアーマーのテニスウェアは買える?

先日、アンダーアーマーの実店舗で、国内ではテニスウェアというカテゴリーの商品を取り扱っているかとうかがってみたのですが、男性用と女性用が各1種類(だったかな?)だけで、国内は女性用が1店舗在庫があるのみという話でした。

スタッフの方もマレー選手のウェアについて質問される機会も多いのだろうという印象でしたが、国内では「マレー選手と同じウェア」を買うのは難しそうです。

海外通販サイトを見てもマレー選手と同じデザインのウエアは59ドル位で決して高くはないと思うので、国内で買うことにこだわるより海外通販サイトで買う方が速いかもしれませんね。また、他スポーツ用をテニスでも着ても全く違和感はないはずです。

スローン・スティーブンス選手もアンダーアーマー契約

テニスウェアということで言えば、米国の女子選手であるスローン・スティーブンス選手もアンダーアーマー契約で、マレー選手よりも全然前の2010年から着用しています。

この写真の女性用テニスウェアはアンダーアーマーのサイトにも載っています。

スティーブンス選手は足の手術などでツアーに参加できてない状態ですが、ウィンブルドンから復帰予定のようです。

日本では知名度がないかもしれませんが、パワー感もありクレバーな印象のテニスをする選手で、本来であれば今頃TOP10に居てもいい (セリーナ・ウィリアムズ選手の次米国No.1を争うポジションだった) 選手です。 

 

アンダーアーマーのテニスシューズ

ウェアを着始めて少し遅れてマレー選手はシューズもアンダーアーマーのものに切り替えている訳ですが、アンダーアーマーブランドのテニスシューズは海外でもまだ発売されていないようです。メーカーのサイトにも製品は載っていません。

マレー選手とスティーブンス選手ではシューズのデザインが違う?

マレー選手のシューズを見るとそれまで履いていたアディダスのバリケードに似ていて、特に契約切替時にテストしていたプロトタイプの頃は、ロゴさえなければバリケード?? というものも見かけられました。

アンダーアーマーの他スポーツ用シューズ、例えばランニングシューズを見るとソールの形が独特なのですが、このマレー選手のウェアとはデザインが全然違います。これはプロトタイプの画像が出始めた頃からの想像なのですが、マレー選手がアンダーアーマーに切り替えるにあたり、アディダスがシューズの開発に協力しているのかなぁという気もしていました。

スティーブンス選手が以前から履いているシューズはアンダーアーマーのトレーニングシューズなどと似たデザインでマレー選手のシューズとはデザインが違うようなので余計にそういったことを想像してしまいます。