読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

スピンサーブの打ち方って何だろう? (テニス)

テニスをやる人にとってサーブは難しいですね。6.4x4.1m四方ほどのサービスボックスに必ず入れないといけないし、ある程度速度もないと相手にリターンから攻撃されてしまいます。2回失敗すれば失点ですから試合を左右するような場面でのセカンドサーブは尚さ…

片手バックハンドと両手バックハンドはそんなに違うのか? (テニス)

私はテニスを始めた時から片手バックハンドで、両手バックハンドについては1度も打ち方を習ったことはありません。ただ、テニスをやる際の体の使い方を考える中で片手バックハンドと両手バックハンドにおける体の使い方を比較し考えています。以前は両手バッ…

ATP動画: 錦織選手のオフシーズントレーニングに密着 (テニス)

男子プロテニスツアーを運営するATPが錦織選手のIMGアカデミーでのオフシーズントレーニングに密着した動画を公開していました。 youtu.be たまに日本のTV局が密着VTRを作ったりしますが、NHKの関係者の方や記者の方がインタビューに応えているのがATPが作っ…

新PURESTRIKE、プロ選手の使用状況 (テニス)

新PURESTRIKE プロ選手は使い始めてる? 既に発売が開始されている白いカラーになったPURESTRIKEですが、プロ選手の使用状況を見てみたいと思います。ただ、市販品とは違うでしょうからカラーリングの違いから見てみます。 ドミニク・ティエム選手 PURESTRIKE…

ラドバンスカ選手のラケットがスリクソンに!! (テニス)

新しいシーズンに入り、選手の使用ギアの契約も色々変わっているようです。海外のテニスニュースを見ていたら、 現在、女子世界3位である超軟投派(海外ニュースでは"忍者"とも)、アグネツカ・ラドバンスカ選手のラケットカラーがこれまでの青ではかったので…

テニスが上手い人はフォームがキレイ? (テニス)

今回は「テニスが上手な人はフォームがキレイ」ということについて考えてみます。(ただ結論の話はだいぶ変わってしまいました。)

錦織選手、ナイキのシューズ履いてますけど。。 (テニス)

錦織選手がアディダスとのシューズ契約を終了し契約を変えるようですね。ブリスベンでの練習風景を見てみると。。

「ボールを潰す」ということ (テニス)

「強いボールを打ちたければボールを潰さないとダメだ」のような使い方がされますが、よく耳にする「ボールを潰す」という表現についてです。

セカンドサーブが入らない。どの位の力加減で打てばいいのか? (テニス)

一般的に「セカンドサーブが入らない」という問題は、技術面、精神面に課題があるという視点で語られる事が多いですが、個人的には「サーブに対する誤解と指導方法に問題がある」ためだと考えています。

手打ちを直したい、改善したい? (テニス)

"スピネーション(回外)、ニュートラル、プロネーション(回内) テニスをやっていると頻繁に聞く言葉が「手打ち」です。「あの人は手打ちだ」「あなたは手打ちになっているから直した方がいい」といった使い方をされます。でも、手打ちとは何なのか具体的に説…

イバノビッチ選手 引退発表 (テニス)

アナ・イバノビッチ選手がツアーからの引退を発表しましたね。

ウィルソン、バボラ、ヘッドの現状について (テニス)

以前、書いた各ラケットメーカーの現状について、2016年12月現在で状況で考えてみます。(ウィルソン、バボラ、ヘッド)

ボールを正確に捉える基本的事柄 (テニス)

ラケットでボールを捉える際、正確なインパクトを得るための基本的な事柄についてです。練習の中で身につく人も居れば感じられない人も大勢いて、それを「上手い・下手」と運動能力の差のように考えてしまうのは勿体ないことです。

両手バックハンドは左手のフォアハンド? (テニス)

今回は、両手バックハンドにおける体の使い方についてです。最初に申し上げると、私は普段片手バックハンドで打っておりこれまで両手バックハンドは一度も習ったことはありません 。ただ、テニスにおける体の使い方を確認する過程で片手か両手かという違いだ…

ラオニッチ選手がクライチェック氏とチームを組むことに (テニス)

2016年12月現在でATPシングルスランキング3位となっているミロシュ・ラオニッチ選手が新しくリカルト・クライチェクとチームを組むことになったようです。ラオニッチ選手のInstagram #TeamMilos Milos Raonicさん(@mraonic)が投稿した写真 - 2016 12月 19 2:…

改めて「サーブは上に向かって振るという表現」について (テニス)

以前も書いた「サーブは上に向かって振るという表現」について、今時点の理解で改めて確認してみたいと思います。

ボレーは踏み込んで打つのか? (テニス)

テニスの導入練習で言われる「ボレーは踏み込んで打て」について考えてみたいと思います。

サーブの練習で肩が痛くなる (テニス)

テニスをやる際、サーブ練習で肩や腕が痛くなってしまうことがありますね。その要因はどういったものがあるか考えました。

新ラケット HEAD INSTINCT 2017 (テニス)

先月末ですがHEADの次期INSTINCT(インスティンクト)の画像がTwitterに載っていました。

サーブにおける打点の形。そのイメージは間違ってない? (テニス)

サーブのインパクトの形について。腕を一直線に伸ばし頭につくような形と、正しいとされる肘や手首が若干曲がったインパクトの形の違いがよく分からいという事はないでしょうか。どういった形でインパクトするのが効率的にラケットに力をボールに伝えること…

ラケットが重い、軽い、その基準は正しいのか? (テニス)

今回はラケットの重さについてです。男性ならば290~300g、女性なら270~280g位を"標準"と考えるのは常識なのでしょうか?

ジョコビッチ選手がベッカーコーチの関係解消 (テニス)

ノバク・ジョコビッチ選手がベッカーコーチとの契約を解消したようですね。 www.atpworldtour.com 契約したのが2013年の12月、ちょうど3年経過した時点での判断です。昨日12/5にジョコビッチ選手が「3年間のよい関係を解消した。組んだ当初の互いの目標を達…

ナダル選手が新ラケットをテスト中? (テニス)

先月末ですが、ナダル選手が新しい髪型で新しいラケットをテストしてるというニュースが流れていました。 www.tennisworldusa.org 内容としては、「過去1年半、バボラのプロトタイプとLuxilonのストリングをテストしていたが、ナダルに近い関係者がラケット…

今後のテニス環境、テニスとIT技術、IoT、AI、VR/AR とか (テニス)

テニス自体とは関係ないないのですが、国内でもバボラのPOPが発売されるようなのでテニスとIT関連技術の今後の関わり方についての個人的な考えを書いてみたいと思います。といっても想像でもなんでもなくて既に実現されていることとと、他の業界で実現されて…

バックハンドスライスの練習方法は? (テニス)

今回はバックハンドスライスについて考えてみます。

長尺ラケットの意味とは? (テニス)

27.25インチ、27.5インチといった長尺と言われる通常より長いラケットにどういう意味があるのか確認してみたいと思います。

オープンスタンスとスクエアスタンスの違い (テニス)

これまでスタンスを考える機会がありましたが、今回は端的にスタンスの違いについて比較したいと思います。ただし、前提になるのは、スタンス自体より「体の使い方の違い」についてです。「正面を向いたままテイバックする」か、「横向きになってテイバック…

体育の授業でやるテニス (テニス)

地元は田舎だったので体育でやるのはバレーかソフトバール、サッカー位でしたが、最近は授業で硬式テニスをやるケースもあるようですね。ラケットを握るのも初めてという人も多いでしょうから上手くできず周りに迷惑をかけるのが嫌だという人もよく聞きます…

現代的なフォアハンドはグリップが厚いのか? (テニス)

現代的なと書きましたが、要は「ボールにスピードやスピンを伝える厚いグリップが必須か?」ということです。

インパクトにおける手首の形は固定? 背屈? (テニス)

フォアハンドストロークに関してよく聞く疑問に「インパクトにおける手首の形はどうすべきか?」というものがあります。

ネットで質問する際に気に留めるべきこと (テニス)

某大手質問サイト等でよく見かける分かりづらいテニスの質問の傾向を考えてみました。

テニススクールの人間関係、コーチや周りの人達 (テニス)

初心者がテニスを始めるほぼ唯一の選択肢がテニススクールですが、学校とも会社とも違う独特の環境に悩む方もいますね。

錦織選手 ITPLチャンネル インタビュー (テニス)

YouTubeのIPTLのチャンネルが各出場選手のインタビュー動画を次々載せているのですが、先日、錦織選手の動画が載ってました。

テイラー・フリッツ選手の練習風景 (テニス)

ATPが推してるNextGenメンバーの一人、アメリカのテイラー・フリッツ選手ですが、昨シーズン後半に目立ったことからか、YouTubeでも練習動画が多く乗るようになってきました。(ただ今シーズンは序盤以降目立った活躍ができてませんね。)デルポトロ選手との練…

上達に必要だと思ういくつかの基本的理解 (テニス)

テニスを続けている人は皆もっと上達したいと思い、そのためにどうすればいいかと色々考えます。世の中にはテニスに関する色々な情報が溢れており、「常識」として言われる事から一個人の感想まで何が参考になるのか分かりづらいです。今回上げる項目は、上…

Next Gen ATP ファイナルズ 開催発表 (テニス)

ATPが2016年11月19日、2017年のシーズン終了時に次世代選手達(Next Generations)を対象とした新しいツアーファイナルズを開催すると発表しました。 Milan To Host Inaugural Season-Ending Next Gen ATP Finals From 2017 | ATP World Tour | Tennis youtu.b…

サーブにおけるジャンプの意味は? (テニス)

今回はサーブにおける「ジャンプ」についてです。何度か書いていますが、サーブは基本的に全て回転をかけて打つ必要があります。理由は、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとして、ネット中央の一番低い所を通したとしてもネットの上ボール1個程の空…

マレー選手のテニスはつまらないのか? (テニス)

ATPツアーでNo.1になった男子選手について「彼のテニスはつまらない」と言われることがあります。ナダル選手のようなアグレッシブなプレイ、フェデラー選手のように流れるような華麗なプレイで見るものを魅了するNo.1も居ますが、最近で言うとジョコビッチ選…

サーブも体重移動で打つ? (テニス)

前回にフォアハンドに引き続き、サーブにおける「体重移動」について考えてみます。

サーブにおける "ラケットダウン" とは.. (テニス)

サーブにおけて話される事の多い" ラケットダウン"と"トロフィーポーズ"について確認します。

ディミトロフ選手のフォアハンド (テニス)

グレゴール・ディミトロフ選手のフォアハンドはフォームが似ていると言われていたフェデラー選手と基本的な部分で違うがあると思っています。

ATP ツアーファイナルズ練習風景 (テニス)

いよいよ明日から始めるATP ワールド ツアー ファイナルズですが、練習コートでの各選手の練習風景がATPのYouTubeチャンネルで公開されています。去年はライブ映像だけで動画は公開はダイジェストだけだった気がするので約9時間の映像ですが一通り見てみまし…

ストロークは体重移動で打つ? (テニス)

テニスでも「体重移動」って言葉を良く耳にします。「ストロークでボールに打ち負けないように体重移動しながら打つ」とか。今回は「体重移動」について考えます。

サーブの基本はフラットサーブ? (テニス)

一般に「サーブの基本はフラットサーブだ」と言われますね。テニススクールでサーブを習う際、コーチは「フラットサーブの打ち方を教える」とは言わないかもしれませんが、最初に教わるのは回転をかけない形でのサーブの打ち方(動作)だと思います。一方、サ…

FELIX AUGER ALIASSIME 選手 (テニス)

先の全米オープンジュニアを制したことでFELIX AUGER ALIASSIME選手の動画がYouTubeに色々載るようになってきました。最近の動画を見てみます。ケベック州のスポーツ財団のインタビュー youtu.be 試合の動画 youtu.be 動きに躍動感があり、ストロークのスイ…

WTA ファイナルズ シンガポール ハレプ vs キーズ (テニス)

日本で放送されなかったようで直接見られなかったWTAツアーの最終戦「WTA Finals Singapore」ですが、YouTubeで幾つかの動画が見られます。たまたま見たシモナ・ハレプ選手対マディソン・キーズ選手選ですが、両者の特徴が出た試合になってました。(ハレプ選…

初心者がボールを打つ前に知っておくべきこと (テニス)

最初に、私は、テニスを始める初心者の段階で「ボールが飛び、回転がかかる理屈」「ラケットがボールを飛ばす理屈」「体を使って力を出すとはどういうことか」などを理解しておくべきだと思っています。これらはスクールの初心者クラスで教えてくれるような…

上達を阻むのは「自分はできてる」意識かも (テニス)

テニスは、続けていけば、程度はそれぞれでも上達しボールを打てるようになります。初心者の時から全く変わらずラケットをボールを当てることができないという人はまずいないでしょう。2年もすればゆっくりならベースライン上で軽くラリーを打ち合う位のこと…

サーブのトスが安定して上げられない? (テニス)

サーブのトスが安定しない場合に有効と思われるやり方についてです。

インパクト時のボール状態と回転の考え方 (テニス)

インパクトにおけるボールの状態とスピン回転をかけるためのスイングについて考えてみたいと思います。