読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

テニス

サーブは難しい? 高い打点で打つほどサーブは入る? 安定的なスイングスピードで打つ意味 (テニス)

サーブは難しい? 「サーブは出来るだけ高い打点で打つべきだ」という通説・固定概念がテニスにはあります。 『身長が高ければサーブに有利? ジャンプでサーブの確率を上げる? (テニス)』で確認したように身長が2mあっても無回転のサーブはほぼ入りません。18…

新ラケット Wilson new Six One 95 発売 (テニス)

New Six One 95発売開始 WilsonのTwitter、Facebook等のアカウントでSix One 95の画像が載っていました。 A new twist on a classic. Introducing the new Six One 95. pic.twitter.com/V2QEfVUyd3 — Wilson Tennis (@WilsonTennis) 2017年5月24日 "A new tw…

ジョコビッチ、ウェア契約をラコステに変更 (テニス)

ジョコビッチ選手がウェア契約をラコステに変更 先日、パートタイム(試験的)でのアンドレ・アガシさんとのコーチ契約を発表したノバク・ジョコビッチ選手ですが、同時にウェア契約をそれまでのユニクロからラコステに変更したことを発表したようです。 From …

極端に厚いグリップを修正する、グリップを薄くしていくということを考える (テニス)

厚いグリップでフォアハンドを打つということ 日本では中学生までの部活が軟式テニスが中心ということもあり、軟式テニスから硬式テニスに移る方がたくさんいます。軟式テニスでフォアハンドを打つグリップは総じてかなり厚めなようです。これは変形率の高い…

ボレーは踏み込んで打つ? 踏み込みでボールを飛ばす? (テニス)

ボレーの打点が分からない 初心者の方などがボレーを教わる際に “どの辺りの位置や打点でボールを打てばいいのかよく分からない” ことも多いと思います。理由としてはボレーでは “ラケットを動かさず止めた状態でボールに当てるよう言われること” があります…

ボールを押す、軸足を蹴ってボールに力を伝えるという表現は正しいのか? (テニス)

テニスのおいてよく言われる「ラケットでボールを押す」「ボールを打つ際に曲げが膝を伸ばすようにして地面を蹴りボールに力を加える、回転をかける」といった表現。ラケットという道具を使ってボールを飛ばす以上、人が力を加える対象はラケットであり、ボ…

ボールの打出し角度、スイングする理由、トップスピンをかける (テニス)

テニスで教わる「トップスピンをかけるにはボールの下から上にラケットを振る」という説明について、ラケットをスイングする目的である「ボールを飛ばす」ということ、ボールの打出し角度とスイング軌道のズレ、トップスピンとは物理現象であり打ち方による…

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <後編> (テニス)

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <前編> の続きです。 lond.hateblo.jp ここからが本題ですが、ラケットは手に引かれ加速しボールに向かって進んで行く際、空中を立体的に進んで行きます。分かりやすいように前方向と上方向(X軸とY軸)で表…

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <前編> (テニス)

フォアハンドにおけるラケット加速とプロネーション 先日、サーブの常識と言われる「サーブのグリップは薄くないとダメという話とプロネーションの関係」について書きました。 lond.hateblo.jp プロネーションは肘から手首までの前腕にある2本の骨が捻れるこ…

サーブ、両肩の入替えで打点を高く取る? (テニス)

サーブで言われる「両肩の入替え」 サーブを教わり始めて次第に打ち方が分かってくると「両肩の入替えを行うことで打点を高く取る」と言われることがあります。 両肩の入替えとはボールをトスしたトロフィーポーズの状態とラケットをスイングしボールを打ち…

フォアハンドストロークは体の回転で打つ? (テニス)

体の回転でフォアハンドを打つ テニスを始めたばかりの方でもフォアハンド及びバックハンドでボールを打つ際、ある程度、体を回転させながらラケットを振ってるということは実感できますし、テニスについて学ぶ中で「フォアハンドは体を回転させながら打つも…

カラーリングが逆のWilson Blade、Burn ? (テニス)

黒い部分と色付き部分でカラーリングが逆のWilsonラケット 今開催されているATP モンテカルロ・マスターズで、これまでの市販デザインとは違うカラーリングがされたWilsonのラケットが見受けられます。 1つはダビド・ゴフィン選手が使っているWilson Blade (…

薄いグリップで打つ両手打ちバックハンド (テニス)

グリップの違いは単純には打点位置の違い 私は、グリップの違いは単純には "打点位置の違い" であり、単純にグリップが厚いからスピンがかかるという訳ではなく、ボールにスピンをかけるという物理現象を起こす要素が揃えばグリップの厚さに関わらずスピンは…

グリップが厚くないとスピンがかからないという話 (テニス)

グリップが厚くないとスピンがかからない、グリップが厚いほどスピンがかかるという話 テニスを始める際、フォアハンドのグリップは "セミウエスタングリップ" 位が標準と教わるでしょうか。ただ、その後、トップスピンが打てるようになると「グリップが厚く…

フェデラー選手のサービスリターン時のグリップ (テニス)

サービスのリターンで使うグリップ テニスでゲーム(試合形式)を行う際、サーブと合わせて行わないといけないものがリターンです。 リターンは相手の打つサーブを時間の無い中で返球しないといけないため、漠然と反射神経や勘で対応するより様々な工夫を行う…

片手打ちバックハンド ラケットを縦に振る? 横に振る? (テニス)

片手打ちバックハンドのコツ 片手打ちバックハンドは "腕一本の逆手でラケットを振りボールを飛ばす" という人間生活の中で経験値が少ない動きを求められます。感覚的に分かりづらく習得が難しいことからから「上手く打つための色々なコツ」と言われるものが…

ブライアン兄弟のラケットに赤い丸のステンシル (テニス)

ブライアン兄弟のラケットに赤い丸のステンシル 今開催中のマイアミオープンのハイライト動画を見て気づきましたが、ブライアン兄弟が使っているラケットに張ってあるガット、今まではプリンスの「P」のステンシルだけだったのですが、別途、"赤い丸" が追加…

ボールが飛びすぎるからラケットやガットを変えて飛びを抑えるという考え方 (テニス)

ストロークを打つ際、ボールが飛びすぎてアウトしてしまから、ラケットやガットを変更して飛びを抑えたいという人がします。ラケットの飛ぶ、飛ばないという話と飛ばないラケットを選ぶことで何が起きるか、そしてその事が自分のテニスにどう影響するのかと…

本当にテニスを上達させたいのですか? (テニス)

テニスを上達させたい 「テニスを上達するためには? 」 多くの人がいつも考えていることです。 私は初心者からテニススクールで始めて6年半の間、殆ど上達もせずに初中級クラスの下のレベル方にいて、あるきっかけで1年ちょっとで中級クラスの上の方までレベ…

スイングの安定、正確にボールを捉えるということ (テニス)

ラケットのスイング軌道を安定させるということ ラケットのグリップの両側を2本の指で持ち、振り子のように振ってみると、ラケットが描く円形の軌道は一定になりますね。 ラケットを振り子のように動かしてみると youtu.be 一方、ラケットを手で握り、モグラ…

中古ラケットを買うのはオススメできるのか? (テニス)

テニスを始める際の初期費用が高い 初心者の方がテニスを始める際。「どうせ続くかどうか分からないから道具を揃えるのに費用はできれば安く抑えたいなぁ。店頭に並んでる新品のラケットは2万円台後半、高すぎるよ。」と考える方は少なくないはずです。 個人…

ラケットは『前に向かって』 振るんですよという話 (テニス)

これまでにもラケットをスイングするということと回転をかけることとの関係について考えてきたのですが、自分で考える内容もだいぶまとまってきたように感じているので、改めてまとめてみたいと思いました。 ラケットをスイングする目的 ラケットをスイング…

出るんでしょうか? Wilson PRO STAFF RF85 (テニス)

2017年の1月下旬にWilson PRO STAFF RF85という名前のラケット画像がネットに出回ったようです。

スイング時はラケットが体を追い越していくのが重要だと思ってます。(テニス)

フォアハンドでラケットヘッドが体を追い越していくのが重要だと思ってます。体が回転しきっているのにラケットヘッドがなかなか前に出てこないスイングはボールを飛ばす目的であるラケットの加速という意味で問題があるかもしれません。

ガットは3ヶ月1度張り替えようという話を考える (テニス)

ラケットに張ったガット(ストリング)は伸びる、緩む ガットは高いテンションをかけてラケットに張られ、素材自体も伸びる(1mmの長さが1.2mmに伸びるとか)し、張り方によって緩み(結んだ結び目が緩くなってその分長さが1mmが増すとか)といった事が起きている…

フォアハンドでラケットを加速される要素と腕の機能 (テニス)

ラケットをスイングする意味 ボールを打つためにテイクバックしたラケットは腕や体を使って加速されることで運動運動エネルギーを持ちます。そのエネルギーが接触したボールに伝わり、ボールを飛ばす力と回転させる力に反比例的に分配されます。スイングには…

サーブにおけるトロフィーポーズ (テニス)

典型的なトロフィーポーズのイメージ サーブにおける「トロフィーポーズ」を気にする方は多いです。よくイメージされるのはこういう形じゃないでしょうか? 膝がしっかり曲がっていて、頭上に高くトスしたボールを下から見上げたような形です。いかにもここか…

朝日生命カップ ジャパン・オープン・テニス 1995 (テニス)

1990年台のジャパンオープンテニス 私が初めてテニスをやったのは1994年位。その頃のジャパンオープンテニスのスポンサーは朝日生命でした。1994年と1995年は有明に見に行ったのを覚えています。 1994年は決勝でピート・サンプラスさん対マイケル・チャンコ…

プロのダブルスは参考にできるのか? どの選手を参考にすればいいのか? (テニス)

「プロのダブルスを見て参考にできるのか?」「参考にするとすればどの選手を見ればいいのか?」といった事についてです。参考にするなら男子プロのダブルスだろうと思いますし、着目すべきはボレーやネット際の技術ではなく、確率よくポイントを取り失点しな…

バボラ ラケット Boostシリーズ Boost Strike, Boost Aero, Boost Drive (テニス)

Tennis warehouseのYoutubeチャンネルで新しいラケットの紹介動画が上がっていました。バボラのBoostシリーズの3製品で、Boost Strike, Boost Aero, Boost Driveです。 youtu.be 日本では上位3シリーズ、Pure Drive, Pure Aero, Pure Strike以外にPure Drive…

脱力をどう考える? (テニス)

脱力をどう考えるのか? テニスで最近よく聞くキーワードが「脱力」です。「脱力してスイングすればラケットスピードが速くなる、ラケットが走る」といった表現がされています。 でも、実際にボールを打つ際、自分で力が入っているか判断できないことが多いで…

ダブルスで前衛をやるのが怖い、どこに居ればいいのか分からない。 (テニス)

ダブルスを教わる機会 私は競技者でもコーチでもないので、シングルスやダブルスのやり方、戦術的、技術的要素についてはよく知りませんが、ご多分にもれず練習ではダブルス形式のゲームばかりなので、ダブルスのやり方については色々調べたりしています。た…

サーブは回転をかけて打つもの?? (テニス)

今回は「サーブで回転をかける」ということについて短く書いてみたいと思います。 サーブで回転をかけて打つ意味 何度か書いていますが、サーブは基本的に全て回転をかけて打つ必要があります。理由は、計算上、身長2mの人が無回転のサーブを打つとして、ネ…

Tennis Warehouse EUでラケットとバッグを購入・個人輸入 (テニス) (ネット)

海外通販サイトからラケットとバッグを買ってみる 先日、「海外正規品」とうたった "非正規ルートで販売されるラケット等のテニス用品" を購入することについて書きました。 lond.hateblo.jp それと関係してという訳でもないのですがTennis Warehouse EUでラ…

画像追加: フォアハンドとスピンとプロネーション (テニス)

トップスピンをかけて打つということ 先日、ボールにトップスピンをかけて打つということについて考えました。 lond.hateblo.jp スピンをかけるのは魅力だから皆強くスピンをかけたいと考えコツを聞きたがりますがラケットをスイングするのはボールを飛ばす…

海外正規品のラケットって問題ないの? (テニス)

テニス用品の海外との価格差 海外で売られているラケットの価格は国内での価格に較べてかなり安いというのは結構知られている話だと思います。国内の店頭価格で2.8万円位のラケットが海外の通販サイトなら160$位だったりします。 これは流通ルートの違いなの…

スポーツとタレント・アイドルの関わり方? (テニス)

テニス経験者のアイドル・タレントはたくさんいる アイドルの方で、学生時代に軟式・硬式のテニスを部活でやっていて特技テニスと書いている人はかなりの数います。 有力グループだとこういうプロフィールで仕事が回ってくることもあり、某グループのメンバ…

ボールにトップスピンをかけて打つということを考える (テニス)

ラケットをスイングする理由はボールを遠くまで飛ばすため。回転をかけようと上向きに振っては、この目的と相容れなくなる。ボールを飛ばすため、前向きにラケットをしっかりと振りながら回転をかける方法を考える必要がある。

上達のために考えるべきはコツや技術の向上ではないだろうという話 (テニス)

全くのフィクションですが、陸上短距離の日本記録を持つような選手に、いい年した大人が「速く走るコツはなんですか?」と聞いたら多分失笑されるのではないでしょうか? 子供がする位レベルの低い質問だからです。テニスにおける「上達 = 技術を高める」とい…

素振りと実際打つのではフォームや感覚が違ってしまう (テニス)

テニスでスイングのイメージを確認する方法として用いられるのが「素振り」ですが「素振りではイメージ通りにスイングができているんだけど、実際ボールを打つ際には素振りのイメージ通りにスイングできない。どう振っているのか分からなくなってしまう。」…

両手打ちバックハンドと体重移動というお話 (テニス)

片手打ちバックハンドの私が両手打ちバックハンドを考える意味 私は、バックハンドは片手打ちですが、体の使い方を考える中で、片手打ちバックハンドと両手打ちバックハンドのそれぞれで体の動きを確認したりしています。 タイトルですが、以前、スクエアス…

キャロライン・ウォズニアッキ選手の水着グラビア 2017 (テニス)

キャロライン・ウォズニアッキ選手の撮影風景の動画も公開されていました。 youtu.be 場所はブシャール選手と同じ所みたいですね。でも、ウォズニアッキ選手の方が慣れてるということなのか、本人もリラックしてる雰囲気が伝わってきますね。去年は肌にペイ…

ユージェニー・ブシャール選手の水着グラビア (テニス)

ユージェニー・ブシャール選手、セリーナ・ウィリアムズ選手、キャロライン・ウォズニアッキ選手が「Sports Illustrated (スポーツ・イラストレイテッド)」というアメリカで一番有名なスポーツ週刊誌の水着特集「Swimsuit Issue」で2017年のグラビアに参加し…

スイングする開始時に手首を曲げる? ラグ・背屈 (テニス)

以前にインパクトにおける手首の形は固定になるのか? ということについて書きました。 lond.hateblo.jp スイングする際の手首の角度「ラグ」 これに関連することですが、テイバックしてラケットを振り始めた際、手首とラケットの間に角度が付く (英語では "L…

トニコーチがナダル選手とのコーチ関係を終了するようです (テニス)

ナダル選手の叔父であり長年コーチを勤めているトニ・ナダルさんが、ナダル選手との関係を終了させるようだというニュースが流れました。 トニコーチがTennis Italianoへの独占インタビューに応えたもののようです。 www.tennisitaliano.it トニ・ナダルコー…

コツで上達する? テニスで言う上達のコツって? (テニス)

皆が知りたがるテニス上達のコツですが、色々聞いても実感できる程上達しないはずです。コツは基本ではないし、ない基本を埋めてくれるものでもありません。コツばかり打ち出す指導者や媒体には疑問すら感じます。上達しないのならその状況に疑問を持つべき…

動画: 鈴木貴男選手のサーブのワンポイントレッスン (テニス)

昨年11月の動画ですが、ダンロップのワールドチャレンジの会場でこれまた恒例の鈴木貴男選手のトークイベントが行われており、主催のスリクソンが動画を公開していました。見ていなかったのですが引退された近藤大生選手の動画を探してて気づきました。サー…

ラケットを変える? ガットを変える? それ意味あるの? (テニス)

終わることなく繰り返されるラケット・ガットのオススメを聞く質問 テニスに限らないでしょうが、延々と続き、終わる事がないこれらの質問。 「自分のプレイスタイルは◯◯で◯◯です。自分にあったラケットは何がオススメですか?」 「◯◯を使っていますがアウト…

モンフィス選手とチョリッチ選手のWilson BLADE (テニス)

今年に入ってプロテニスツアーの試合を殆ど見れていないのですが、モンフィス選手とチョリッチ選手の映像や画像を見て、使っているラケット (Wilson BLADE)に目が止まりました。モンフィス選手 Embed from Getty Images Embed from Getty Images 昨シーズン…

ラケットは出来るだけ重い方がいい。問題はスイングの仕方と扱い方 (テニス)

ラケット重量のお話です。たびたび書いていますが、ラケットがスイングにより得る運動エネルギーは「1/2 x ラケット重量 x ラケットスピード ^2 (2乗)」で計算されます。ボールを打つ際、手に持つラケットは1種類だけなのでスイングスピードが速くなる程 2乗…

follow us in feedly