lond日記

思ったことを気まぐれに書きます。

このブログについて

テニスに関することが中心になります。ちなみに私自身、競技経験者でもコーチでもない単なるリクリエーションプレイヤーです。

30代半ばで初心者からテニススクールに通い始め、6年半ほど経ってもさほど上達せずに初中級クラスの下の方にいました。6年半通ってまだ初中級に居る人はあまりいないでしょうがそれほど上達しないままでした。真面目に通っていましたが、自分は運動苦手だから上達しないのだと思っていました。スクールにはいいお客さんだったと思います。

そんなある時、社員やアルバイトではなく契約で入っていたコーチからそれまでスクールで教っていたものと全く違う指導を受け、続けて教わる中でその指導内容が入門書や月刊誌など見ていた色んな情報と結びついてきました。

少しでも上達したい一心で本や雑誌はたくさん読んでいましたが、理解していたつもりが実際にはそれら情報の本質に全く辿りつけていなかったのです。英会話の入門書と同じでただ数を読むだけでわかったつもりになっていただけだとわかりました。

ちょうどYouTubeが普及し始めコンテンツが増えていた時期でもあり、選手の練習風景から色んなコーチの解説を見まくりました。たくさんの情報の中から、スクールで教わったり世間一般に言われる「通説」的な表現と「最新のテニスの知識や情報」によるものを区別するよう注意していくと、現代テニスは単に歴史や経験による積み重ねではなくスポーツ科学や運動学、物理学など色んな観点から分析、体系付けられ変わってきていることがわかってきました。テニス自体も変わり、色々な方面から研究されているのに「私が始めてテニスをやった20数年前と教えるための情報が殆ど変わらない」のは明らかに変です。

初心者には難しいと感じるテニスも、色んな専門家が研究、分析して体系づけられた知識を理解し、それを実践できれば、皆がイメージするテニス(ミスせずボールが打ち合えてゲームを楽しめる)のレベルまでは誰もがなれると感じました。私でもできる位ですから運動が得意とかスポーツ経験の有無は関係ありません。

むしろ一般に言われる事柄、常識のように言われる情報を見直してみると、様々矛盾があると分かります。一見難しく見えるテニスの専門性が与えられる情報に対して疑問を持つことを許さない感じです。

必要な情報や答えは目の前にあり皆がそれを見ているのに理解できてない(見ているのに見てない)と言えます。上達のためには、テニスに関する事に様々疑問を持ち、それを具体的に理解できるための知識を得ること、そして得た知識を基に実践できることです。人から教わることを見聞きすることをそのまま取り入れようとしてもなかなか上達には結びつきません。

スポーツは「技術」と「正しい体の使い方」の組み合わせだと思っていて、テニスで言えば、前者は「10cmの違いを打ち分けるようなもの」で後者は「ボールを安定的に運ぶのに必要なもの」です。試合で1ポイントを勝ち切るのには技術は必要でしょうが、安定してストロークラリーを続けるのに必要なのは技術ではなく、無理なく正しい体の使い方ができることです。

それはテニス特有のものではなく、他スポーツや日常生活で行っている動作とその応用程度です。野球、ゴルフ、バレー、サッカー、スポーツに限らず基本的な体の使い方は同様でそれは人の体の構造や機能を無理なく発揮することだけです。皆が競技者やプロになるわけではないですし、スクールに通う方ならまず目指すべきはこのレベルだと思います。殆どの人が到達できるはずです。

テニスを教えるにはノウハウが必須でコーチ経験のない人には難しいです。このため初心者がテニスを始めるほぼ唯一の選択肢はテニススクールになりますが、スクールでは人数や時間の制限で理屈を丁寧に教わるよりとにかくボールを打つことに重きを置かざるを得ないので、生徒自身で上達できるレベルは人によって様々、突出してうまくなる人も居ない一方で私のように全然上達しない人も一定数います。ある程度打てるようになっても「どういう理屈で自分が打てているのか」という知識の裏付けがないままでは調子に波があり一度不調になると戻す方法が分かりません。(人は「コツ」で上達すると考えがちですがコツはできている人がより上達するための工夫で基礎とは別ものです。)

フォームも人それぞれですね。ゴルフでもプロは皆同じようなフォームで打ちますがアマチュアは個性的です。スコア安定には当然前者ですがうまく教われる機会がありません。陸上でもサッカーでも個性的なフォームはないでしょう。体を動かす理屈を理解していると基本的なフォームは似てきます。理解しないままだとフォームはバラバラでその補正方法(補正ですね。修正や上達より前の段階)は人それぞれにせざるを得ません。且つ上達も遠回りになり効率が悪いです。基礎があってこその個性かなと思います。

また、体を正しく使ってボールを打った結果がフォームであり、テイバックやインパクトの「形(静止写真?)」はそれを切り抜いたものです。書籍等で説明のため写真で「形」を例に上げますが、体の使い方を説明されないまま、その「形」を一生懸命作ろうとする意味はあまりないと思います。今の時代ならスロー動画の方がまだマシです。

参考情報の多くは海外から発信されているものです。最新の情報を学ぶために英語の学習も並行的に行っています。国内でも最新の情報を基に指導、解説される所はありますが、私達一般のプレイヤーが触れる情報の多くは、日本国内で長く蓄積された情報や海外の情報を誰かが翻訳したものの伝聞(翻訳者や伝聞者の私見が入る)だったりします。テニスもご多分にもれず "ガラパゴス状態" だと思います。軟式テニスの事を特殊だと言う方が居ますが、我々がやっている硬式テニスも海外のそれと同じではありません。世界ツアーを目指す子供たちは早い段階で国内に見切りをつけて海外の環境を希望しますね。具体的でなくても海外選手と試合をしたり錦織選手らを見ていて肌で感じるのだろうと思っています。

このブログは夏休みの課題発表みたいなものかもしれません。
私自身、試合で誰かに勝つことや技術を披露することが目的ではなく、自分のテニスが少しでも安定させ、楽しくプレイでき、怪我なく続けられればと思い日々色んな可能性を考えています。コメント欄を設けていないのもお会いしたこともフォームを見たこともない方に何かお話できる立場でもない(職業とされているコーチの方に聞かれる方が絶対いい)ですし、内容について議論が生じても、自分が正しいとか相手が間違っているとか何を持って言い切れるのか私には全くわからないからです。他人と自分の考え方が違うのは自分が知らない事を相手が知っているからかもしれません。人の考え方を否定したくありませんし、ただ自身の知識や理解を高めるのみです。それが目的で色々考え、学ばせていただいています。
プロフィール
id:a-londenion
ブログ投稿数
606 記事
読者
61 人 bordeaux0806 mizushou little100 wiz7 yumori3 aka12aya70y zinx583 bpiyopiyo takahiro7140171 marukudo nomizuharuka tahonyan-1008 setsuyakufufu uyutomo junpeihazama atohire obus gsblog michicomichi8 sato4reiji panme421 sakura_ink yamachang418 hesocha okinawaseikatsu ko-chanblog95 muteki-force WEST81 levites Daisuke21 masanori1989 Masae_t tobari3209 xkarasu yuchanel kochan214 yamato-hasegawa terakappa airking516 yamaton15 pamuchomu goldenbat195905191978 editman hornedman Stefanblog raiannka

follow us in feedly